KDDI研究所は、Android搭載のセットトップ・ボックス(STB)を試作した(写真1、写真2)。2009年11月18日~20日に開催した組み込みシステム技術展Embedded Technology 2009(ET2009)に出展し、それ以降複数のイベントにおいてデモンストレーションを展示している。

写真1●KDDI研究所が試作したセットトップ・ボックス
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●KDDI研究所セットトップ・ボックスのメニュー画面
[画像のクリックで拡大表示]

 試作の目的は、動画配信に利用するSTBにAndroidを適用可能かどうかを実証することだ。商用サービスを想定して開発されたわけではなく、このSTB自体を販売する予定もない。とはいえ、以下の3つの理由から、Android搭載ハードウエアとして注目される。

 1点目に、インターネット経由のHD(高精細)動画配信をAndroidというプラットフォーム上で実現できることを実証した。2点目に、TransferJetによる携帯型端末との連携を、Android上で実現可能であることを実証した。3点目として、このSTBのための開発成果の一部は、OESF(Open Embedded Software Foundation)を通じて公開することを検討中であり、今後広く普及する可能性がある。HD動画を扱えるAndroid搭載のハードウエア製品が、今後数多く登場するかもしれない。