アフィリエイトプログラムの老舗企業の創業メンバーであり、二度の起業を経験した小林伸泰氏。ベンチャー企業としては“ベテラン経営者”といえる同氏が、低価格な名刺情報管理サービス「メイシー」を開始した。これまでの経験から同氏は、経営で最も重要なことは“楽しく働く”ことであり、そのためには、経営者が謙虚な姿勢で他人の話に耳を傾ける必要があると話す。(聞き手は島田 昇=日経コンピュータ)

「メイシー」とはどのようなサービスか。

 企業や個人が持っている名刺情報を、簡単にデータ化して管理するためのサービスだ。利用者はアカウントを作成し、手元に貯まっている名刺を当社に送付するだけでよい。名刺情報がデータ化され、パソコンや携帯電話から検索したり閲覧したりできるようになる。名刺を外部に出せないといったセキュリティポリシーを持つ企業に配慮し、名刺を送付せずに、市販のスキャナと専用ソフトを利用する方法も用意してある。

 料金は、先行する競合他社よりも安く設定している。初期費用は無料で、基本料金は利用者一人当たり月額1980円だ。名刺情報の入力費用は1枚当たり25円、読み取り費用は1枚当たり10円になる。そのほか、名刺の返送料として1回1人当たり500円がかかる。

名刺管理ができている人は少ない

 2009年10月28日にサービスを開始したばかりのため、まだ利用者数は少ない。だが、既存のCRM(顧客関係管理)やSFA(営業支援システム)などの情報管理サービスを手がける事業者などとは連携が容易なため、今後はパートナー企業を増やし、名刺管理にさらなる付加価値を加えたサービスとして発展させながら、利用者数を急増させたい。

なぜ名刺情報管理サービスに着目したのか。

 「名刺管理をきちんとできている人が少ない」という、当社の取締役副社長兼CTO(最高技術責任者)である新井俊一のアイデアがきっかけだ。ちょうどSaaS(ソフトウエアアズアサービス)やクラウドコンピュータが注目され始めた時期でもあったので、時代の流れにも乗れると考えた。先行企業が存在したが、より安く、手軽なサービスにすれば需要はあると判断した。

 特に、中小・零細企業市場には確実に需要がある。大手や中堅企業と比べ、名刺情報の管理が社内でIT化されていないことが多いからだ。そのためにも、導入しやすく、シンプルなサービスでなければならない。実際、現場の声を聞いてみると、「こんな方法があったのか」と感動されることが多い。

現在の会社「もぐら」設立のきっかけは。

 新井と知り合ったことで、何をやるかも決めずに2007年3月に会社を設立したというのが本当のところだ。彼とは、私が経営、新井が技術という役割分担にすれば非常に仕事がしやすく、ウマもあった。

 もともと私は、アフィリエイトプログラムのサービスプロバイダとしては老舗となったウェブシャークの創業メンバーである。「電脳卸」などを展開し、主に営業担当役員を務めていた。その後、新しいサービスを立ち上げたくて同社を退社し、クリームを立ち上げた。今はダウンロードショッピングモールの「XCREAMなどを運営している。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら