前回紹介した全文検索システム「Kabayaki」の構築方法を紹介します。まず、システム構成例を挙げます。Kabayaki にはWindows 用もありますが、ここでは、Linux 用について説明します。Kabayakiの対応プラットフォームは、Red Hat Enterprise Linux 3 / 4 / 5です。

 Kabayakiを導入するには、依存パッケージを導入する必要があります。表1にそれらを示します。

表1●事前にインストールが必要な依存パッケージ一覧:
Expat 1.95.1 以上
perl-CGI
perl-File-MMagic 1.12 以上
perl-Jcode
perl-XML-Parser 2.30 以上
perl-XML-Writer 0.4 以上
perl-CGI-FastTemplate
perl-NKF 2.04 以上
perl-Digest-MD5
perl-libwww-perl
Perl-URI
chasen 2.2.9 以上
ipadic 2.4.4 以上
kakasi 2.3.0 以上
perl-Text-Kakasi 1.0.0 以上
namazu 2.0.10以上
perl-DBI 1.48 以上
perl-DBD-SQLite

 次に、http://www.kabayaki.jp/pub/gpl/バージョン/RPMS/i386/ から、KabayakiのRPM パッケージを取得します。格納場所は、表2に示します。

表2●Kabayakiのパッケージの格納場所
バージョンGPL 版 Kabayaki の格納場所
RedHat Enterprise 3http://www.kabayaki.jp/pub/gpl/redhatE3/RPMS/i386/
RedHat Enterprise 4 http://www.kabayaki.jp/pub/gpl/redhatE4/RPMS/i386/
RedHat Enterprise 5 http://www.kabayaki.jp/pub/gpl/redhatE5/RPMS/i386/

 各パッケージがインストール済みかを次のコマンドで調べます。インストール済みならば、パッケージの名前とバージョンが表示されます。

# rpm -qa | grep パッケージ名Enterキー

 インストールされていないパッケージがあれば、次のようにインストールします。

# rpm -ivh パッケージ・ファイル名Enterキー

 インストール済みのパッケージのバージョンが古い場合は次のように更新します。

# rpm -Uvh パッケージ・ファイル名Enterキー

 では、Kabayakiパッケージを導入しましょう。新規にインストールする場合は次のように入力します。

# rpm -ivh kabayaki-3.0.1-1.i386.rpmEnterキー

Kabayakiを動作させるための設定

 インストールした後、Kabayakiを動作させるためのいくつかの設定が必要になります。まず、ファイルの所有者を変更する必要があります。HTTP サービスを、ユーザー名「apache」、グループ名「apache」以外で動作させている場合は、「kabachown」コマンドを実行します。例えば、ユーザー名「kabayaki」、グループ 名「search」でプロセスが動作していれば、次を実行します。

/usr/sbin/kabachown kabayaki searchEnterキー

 次に、Kabayaki が正常に動作するには、セキュアOSの「SELinux」が無効になっている必要があります。「/etc/sysconfig/selinux」ファイルに

SELINUX=enforcing

という行があれば、

SELINUX=disabled
と変更後、マシンを再起動します。

 さらに、Webサーバーの設定も変更が必要です。Webサーバーの設定ファイル「httpd.conf」の末尾に次の行を追加し、「/var/kabayaki/etc/apache.conf」をInclude します。

Include "/var/kabayaki/etc/apache.conf"

 文字化け防止のために、「AddDefaultCharset」の設定変更が必要な場合もあります。AddDefaultCharsetが「ISO-8859-1」または「C」や「UTF-8」に設定されていたらhttp.confの該当行を削除あるいはコメントアウトします。

#AddDefaultCharset ISO-8859-1

 設定完了後に、Apacheを再起動します。

# /etc/init.d/httpd restart

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら