1位「Google Chrome OS」、2位「LTEサービス」、3位「100Gビットイーサネット」、4位「LBS(位置情報サービス)」、5位「クラウド型セキュリティサービス」――。

 日経NETWORK2010年1月号の「編集部が選ぶ 2010年の注目ネットワーク技術&サービス」と題した記事で掲げた順位である。2010年に提供が始まる製品やサービスのなかから、特に注目すべきものを日経NETWORK編集部の皆で投票した結果だ。

 選んだ五つから共通して見えてくることもあるが、まずは1位から順に、個々の技術やサービスを概観してみよう。

「100Mの無線データ通信」と「100Gのイーサネット」が登場

 1位に選んだのは、米グーグルが開発中の「Google Chrome OS」である。ネット利用を前提とした軽量OSだ。2009年7月にコンセプトが(関連記事1関連記事2)、11月に詳細が(関連記事)発表された。速く、安全で、使い勝手が良いWebアクセス環境の提供を目指す。2010年後半には同OSを搭載した機器が登場する見込みである。

 編集会議では、Chrome OS上で使うWebブラウザー「Google Chrome」に実装される「SPDY」というプロトコルを推す記者もいた。SPDYはWebアクセスを高速化するためのもの。多重ストリームやリクエストの優先順位付け、HTTPヘッダー圧縮などの機能を用いて遅延を抑える(関連記事)。最終的にはSPDYを含めてChrome OSを1位とした。

 2位は、3.9世代の携帯電話規格といわれている「LTE」のサービス。LTEはlong term evolutionの略で、携帯電話の次世代通信規格だ。主にデータ通信での利用が想定されており、規格上は100Mビット/秒を超える伝送速度を実現できる(15MHz幅を使う場合)。

 世界では、北欧の通信事業者であるテリアソネラが2009年12月、世界初のLTE商用サービスをスウェーデンとノルウェーで開始した。日本ではNTTドコモがいち早く、2010年12月にサービスを始める予定だ(関連記事)。つながりやすさと、スループットをどの程度まで確保できるかが気になるところである。

 3位には「100Gビットイーサネット」を挙げた。次世代の高速版イーサネットは、IEEEが「IEEE802.3ba」として標準化を進めている。仕様はほぼ固まっており、2010年6月に規格化される予定だ。複数の通信機器ベンダーなどが製品を発表済みで、2010年中に出荷を開始する。

 IEEE802.3baは、ケーブルや伝送速度、伝送距離などによって8種類に分かれている。伝送速度は40Gビット/秒と100Gビット/秒の2種類。40Gはデータセンター内のLANなどで、100Gは通信事業者の局舎内ネットワークや中継回線、事業者同士の相互接続点などでの利用が想定されている。100Gがあるなら40Gは必要なさそうだが、コスト面から使い分けがされる見込みだ。

 4位は「LBS」(location based services)である。日本語では「位置情報サービス」と訳され、GPS(全地球測位システム)などで測定した位置情報を活用するサービス全般を指す。LBS自体は数年前からあるが、2010年は位置情報を携帯電話のアプリケーションと結び付けたサービスが広がりそうだ。

 5位は「クラウド型セキュリティサービス」とした。一般的なセキュリティ対策だと、マシンにセキュリティソフトをインストールしてローカルでスキャンする。クラウド型では、マシン内のファイル情報をサービス提供者のサーバーに送り、そこでスキャンする。最新のウイルス定義ファイルをリアルタイムで適用できたり、検出情報を共有できたりといったメリットがある。大手セキュリティベンダー各社はクラウド型と銘打ったサービスを発表しており、2010年にはさらに増えそうだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら