農業や食の安全への関心が高まる中、レンタル農園を利用して野菜を育てる消費者が増えている。郊外の農地を借り、自分で野菜を育て消費する「自産自消」という新しい食のスタイルを取る。ただ野菜作りが簡単とはいえないこともあり、一過性のブームに終わる可能性もある。レンタル農園事業最大手のマイファームは、利用者に向けたコミュニケーションサイトを構築し、「自産自消」の継続を支援する。

写真1●マイファームのレンタル農園の様子
写真1●マイファームのレンタル農園の様子

 京都に本社を置くマイファームは全国26カ所にレンタル農園を持ち、2000人を超える利用者に提供している。週末になると近郊都市部の利用者が家族連れで農園を訪れ、野菜作りや畑の整備に精を出す(写真1)。利用料金は、15平方メートルの農地が、月額3000~6000円である。西辻一真代表自身も、週末には全国の農園に顔を出し、会員と一緒に農作業に汗を流す。

図1●会員向けSNS「あつまれ!マイファーマー」の画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 利用者の多くは、野菜作りの素人。そこで農園の持ち主などが「管理スタッフ」「菜園インストラクター」となって、農作業を手助けする。農園まで足を運べない利用者に代わって、水まきや雑草駆除をすることもある。農機具や肥料なども現地で提供するほか、定期的な収穫祭や講習会も催す。

 加えてマイファームでは、会員向けSNS「あつまれ!マイファーマー」を2009年6月から提供している(図1)。管理スタッフやインストラクター、マイファームの社員もアカウントを作成し、会員と直接コミュニケーションを図る。現在の利用者数は、会員全体の約20%にあたる400~500人である。

「作る喜び」を共有する仕組みを用意

 マイファーマーの利用者は、そこに日記を書いたり、他の会員のブログにコメントを付けたりする。管理スタッフの予定もサイト上で公開されるので、それに合わせて農園を訪れるスケジュールを立てることができる。

 SNS提供の狙いをマイファームの西辻一真代表は、「利用者が一人で、あるいは一家族だけで、『自産自消』を継続することはかなり難しい。人と人をつなぐ仕組みを用意し、野菜を育てる楽しみを共有できるコミュニティが必要だと考えた」と説明する。

 会員限定サービスでありながら、マイファーマーの月間アクセス数は10万PV(ページビュー)という。「農園に興味を持つのは30代の夫婦が多い。特に主婦の利用者が熱心にアクセスしているようだ」(西辻代表)。

 マイファーマーの効果からか、マイファームの会員契約解約率は5%程度。西辻代表によれば、「他のレンタル農園事業者と比べるとかなり低い数値」だという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら