写真●右から順に,NECの赤津氏,デルの諸原氏,日本IBMの関氏,日本HPの上原氏,日立製作所の木下氏,富士通の吉田氏,レノボ・ジャパンの内藤氏
[画像のクリックで拡大表示]

 2009年10月28日,「ITpro EXPO 2009」の講演会場で,「Enterprise Platformの明日~ビジネスに貢献する情報システム基盤を求めて」と題するパネル討論会が開催された。大手コンピュータ・メーカー7社から参加したパネリストが,情報システム基盤として今後1~2年に何を提案していくかを語った。

 パネリストは,NECの赤津素康ITプラットフォームビジネスユニットコンピュータソフトウェア事業本部長,デルの諸原裕二執行役員ソリューション・サービス・デリバリー本部長,日本IBMの関孝則テクニカル・セールス・サポート技術理事,日本ヒューレット・パッカード(HP)の上原宏エンタープライズストレージサーバ事業統括本部BCSビジネス本部長,日立製作所情報・通信グループの木下佳明経営戦略室副室長,富士通の吉田浩SOP開発推進室室長代理,レノボ・ジャパンの内藤在正取締役副社長研究・開発担当の7氏(写真)。司会は日経コンピュータの谷島宣之編集長が務めた。

日経コンピュータ谷島編集長(以下司会):
 釈迦に説法かも知れませんが,Enterprise=企業というのは派生的な意味であり,元は「進取の気性」とか「非常に野心的な取り組み」といった意味の言葉です。有名な映画の「スタートレック」に出てくる「Enterprise号」もその意味です。

 景気が低迷していますが,多くの企業に「Enterprise」で新しいことをやっていただきたいと思っています。それにはハードウエア,ネットワーク,PCを含めてどのような基盤を用意すればよいでしょうか。

 パネリストの皆さんには,事前に「各社1枚だけ」という条件で,プレゼンテーション用資料をご用意いただいています。それではよろしくお願いします。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら