グーグルは世界有数のハードウエアメーカーであり、ソフトウエアメーカーである。1990年代末に他に先駆けて「情報爆発」に直面し、いち早くそれに対応したグーグルのコンピュータは、従来のコンピューティングと比較すると常識外れにすら見える進化を遂げた。グーグルコンピューティングの特異さを10個紹介しよう。

(1)自前主義

 グーグルは売上高を見ると「広告会社」だが、その実態は7000人を超えるエンジニアを抱える世界有数のメーカーである。しかもそのコンピューティングのあり方は、従来型のそれと大きく異なる(図1)。グーグルが“異形”のメーカーなのは、同社がハードもソフトも自前主義を貫いているからだ。

図1●グーグルコンピューティングは何が違うのか
グーグルが採用している技術やそのアイデアは、従来型のコンピューティングの在り方と大きく異なっている。ここではその特徴を10個にまとめた
[画像のクリックで拡大表示]

 使用するサーバーはすべて自社開発だ。一部報道では、グーグルは台数ベースで米デルや米ヒューレット・パッカード(HP)に次ぐ「世界第3位」のサーバーメーカーだという。

 サーバーだけではない。2007年、大手ネットワーク機器メーカーに不穏な空気が流れた。次の大型商材として期待する「10Gビット・イーサネット・スイッチ」の受注が、グーグルから全く入らなかったのだ。「そのころ、ネットワーク機器メーカーの営業に会うと、皆一様にガッカリしていた」(あるネットワーク機器商社の米国駐在員)。07年末には「グーグルが10Gビット・イーサネット・スイッチの自作を開始した」という報道が流れ、懸念は現実のものとなった。

 データセンターもグーグルは自作する。08年秋に米国で「グーグルが、潮力発電や海水を使ったサーバー冷却を行う『水上データセンター』の特許を取得した」という報道があった。同社がすでに水上データセンターを実用化していたとしても、さほど驚くに値しない。すでに同社は03年に「コンテナ型データセンター」の特許を取得し、05年から実運用を開始している。

 自前主義はネットワーク回線にも及ぶ。10年第1四半期には、最大7.68Tビット/秒の伝送速度の海底ケーブルが日本と米国をつなぐ。08年2月に、KDDIなど通信事業者5社と海底ケーブルを敷設するコンソーシアム「Unityコンソーシアム」を設立した。

 データセンターを支える基盤ソフトも内製だ。競争力の源である分散処理システム基盤は、すべて自社開発。オープンソース化もしていない。詳細は学会などで発表される論文からしかうかがい知れない(図2)。関連記事『ソースコードから見るグーグル気質』にもあるように、グーグルはオープンソースの利用や、自社ソフトのオープンソース化に積極的だ。しかしそれらは同社にとって公開しても構わないものでしかない。

図2●グーグルの基盤技術
グーグルは、Web検索や「Gmail」といったアプリケーションを支える基盤技術を、すべて自社で開発している。それらはソースコードを含めて一切外部に公開されていない。学会などで発表された論文に、その概要が公開されているだけである
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら