米IP Devices代表
岸本 善一

 この連載を始めてから8カ月ほど経つが,短い連載の間にも大きな変化があった。昨年9月に始まった金融危機がITやデータセンター業界の景気を急激に冷え込ませた。MicrosoftやGoogleは,それぞれ巨大データセンターを数カ所同時に建設すると発表して話題を集めたが,景気の悪化を受け,建設の一時中止に追い込まれた。

 データセンターのアウトソーシングをビジネスにしているハウジング(コロケーション)会社やホスティング会社の株価は軒並み下落した。大手のデータセンター事業会社の2008年の業績を表1に示した。

表1●主なデータセンター運営会社の業績
企業名2008年総売り上げ純利益
Savvis857億円-9億円
Equinix704億円131億円
Digital Realty Trust527億円68億円
Internap253億円-104億円
Trremark187億円-42億円
DuPont Fabrios173億円19億円
Switch and Data171億円-7億円

 また大手データセンター事業会社の2007年以降の株価の動きを図1に示す。

図1●大手データセンター事業会社の2007年以降の株価の動き
 一般的に,株価は2008年6月ころから下降しはじめ,2009年3月末あたりから復調する様子が見られる。
[画像のクリックで拡大表示]

 一般的に,株価は2008年6月ころから下降しはじめ,2009年3月末あたりから復調する様子が見られる。不景気なので,自前で運営するよりもデータセンター事業会社にアウトソースする企業が増加し,こうした動きがデータセンター事業会社の業績を後押ししているようだ。

 また,後述するように,「温室効果ガスの排出規制と排出枠の取引」を規定した政策が実施されれば,電力費が高騰することが予想され,データセンターをアウトソースした方がトータルコストを削減できるという見方が広がりつつある。このこともデータセンター事業者には追い風になっており,新たなセンターの建設や設備の拡張を行っているところもある(これは実際の聞き取り調査によって確認したことである)。

 米国では,不景気とはいえ,コンピューティング需要の減少は全く見られず,データセンターへの需要と供給のバランスは崩れたままである。景気に回復の兆候が見えてくると言われる2009年後半以降は,コロケーションの価格が7-10%も上昇するとの見方もある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら