100ギガビット・イーサネット(100GbE)対応製品の姿が見えてきた。2009年6月に米ジュニパーネットワークス,7月に仏アルカテル・ルーセントが対応製品を発表した。販売開始は2010年になる。100GbE規格(IEEE 802.3ba)の標準化作業が完了する2010年6月以降には他社からも続々登場する見込みだ。

 100Gビット/秒の伝送速度を実現する次世代イーサネット規格が100GbEである。仕様を策定するタスクフォースが2008年に設立され,2009年7月で仕様がほぼ固まった。2社は,この仕様に基づき,発表した製品の試作品を開発した。

 100GbEは,通信事業者や大規模インターネット接続事業者(ISP)のコア・ネットワーク向けのルーター,IX向けのスイッチなどで使われる。現状では,これらの機器を結ぶ回線には10ギガビット・イーサネット(10GbE)が利用されている。ところがトラフィックの爆発的な増加に伴い,10GbEでは足りなくなっていた。多くの事業者は,10GbEを複数束ねて1本の回線のように運用する「リンク・アグリゲーション」という仕組みを使ってしのいでいるが,運用・管理が複雑になるという問題がある。

 こうした状況は100GbEの標準化作業が始まる前の2007年ころから続いており,100GbEのルーター/スイッチは事業者にとって待望の製品と言える。

完全対応製品は今回が初

 ルーターやスイッチは一般に,インタフェースを収容する「ライン・カード」と,それらをつなぐ「スイッチング・ファブリック」の二つで構成されている。それらはモジュールとして実装され,「シャーシ」と呼ばれる本体のスロットに差し込む形態になっている。

 ジュニパーとアルカテル・ルーセントは,この両方を100GbEに対応させた(写真1)。ライン・カードまで対応した製品を正式に発表したのは両社だけである。ほかにも100GbE対応をうたった製品を提供しているベンダーはある。中国のH3Cテクノロジー,米エクストリーム ネットワークス,米シスコ,米ブロケード コミュニケーションズ システムズなどだ。ただ,これらのベンダーの製品は,スイッチング・ファブリックだけを100GbEに対応させた“100GbEレディ”製品である。

写真1●100ギガビット・イーサネット対応製品が登場
写真1●100ギガビット・イーサネット対応製品が登場
現在,100ギガビット・イーサネット(100GbE)対応ライン・カードの発売を公式に発表したのは,アルカテル・ルーセントとジュニパーネットワークスの2社だけ。なお,写真のシャーシには既存のライン・カードも取り付けてある。

 ジュニパーはコア・ルーター「T1600」とそのライン・カード「100GE PIC」を発表。早ければ2009年第3四半期にユーザーの実環境でフィールド・トライアルを実施する。11月に米国ポートランド市で開かれる「SC09」では実機デモを披露する予定だ。

 一方,アルカテル・ルーセントはサービス・ルーター「7750 SR」とサービス・スイッチ「7450 ESS」,それらのライン・カード「IMM」(仮称)を発表した。現在,ユーザー2社がフィールド・トライアルを実施中だという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら