問題

問12 次のアセンブラプログラムの説明及びプログラムを読んで,設問1,2に答えよ。
※アセンブラ言語の仕様

〔プログラムの説明〕
  32ビットの乗算を行う副プログラムMULSである。

(1)MULSは,32ビットの被乗数と16ビットの乗数を受け取り,32ビットの積を返す。数値はすべて符号なし整数とし,積のオーバフローは考慮しない。
 被乗数と積は,それぞれ連続する2語に上位16ビット,下位16ビットの順に格納される。それぞれの上位語のアドレスは,GR1とGR3に設定して渡される。
 乗数はGR2に直接設定して渡される。

(2)副プログラムMULSから戻るとき,汎用レジスタGR1~GR7の内容は元に戻す。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら