Linus Torvalds氏
 2009年10月,Linuxの作者であるLinus Torvalds氏が来日する。Torvals氏の来日に合わせ,2009年10月18日から23日までの1週間,東京で3つのイベントが開催される。Kernel SummitとJapan Linux Symposium,そして北東アジアOSS推進フォーラムだ。

  • Linus Torvalds氏が2009年10月に来日へ,アジア初のLinux Kernel Summit開催
  • Japan Linux SymposiumでのLinus氏来日が正式決定,日中韓OSS推進フォーラムも合わせて開催
  •  これらはどのようなイベントなのか。ITproの記事から解説しよう。

    中核開発者がLinuxの方向性を話し合うKernel Summit

     Kernel Summitは,Linus Torvalds氏を始めとするLinuxカーネルの中核開発者が,1年に1度顔を合わせる会議だ。開発の方向性を話し合う会議だ。完全招待制であり,招かれた70数名のカーネル開発者が開発の方向性や運営について議論する。

     最初のKernel Summitは2001年,サンノゼで行われた。呼びかけたのは,現在The Linux FoundationのCTOを務めるTheodore Ts'o氏だ。2002年から2006年まではカナダのオタワで開催され,2007年はイギリスのケンブリッジ,2008年はポートランドが会場となった。

  • Linux開発者の祭典「Kernel Summit」とは
  •  そして2009年は東京が舞台となる。2009年のKernel Summitに日本企業または日本人として招待されているのはNTTサイバーソリューション研究所の藤田智成氏,NTTデータの武田健太郎氏,NTTデータ先端技術のFernando Vazquez氏,サイオステクノロジーの佐藤嘉則氏,富士通の亀澤寛之氏,ルネサス・テクノロジのPaul Mundt氏,Novellの岩井隆氏ら7人である。

    世界最大級のLinux技術会議Linux Symposium

    Ottawa Linux Symposium会場
    (写真提供:NTTデータ 原田季栄氏)
    [画像のクリックで拡大表示]

     Linux SymposiumはKernel Summitよりもより多くの参加者に開かれたLinuxの技術会議だ。1999年から2008年までカナダのオタワで開催されているOttwa Linux Symposiumは世界最大級のLinux技術会議として知られている。

  • PS3やTOMOYOがデビューを果たしたOttawa Linux Symposium 2007
  •  日本では,2006年からOSDL(Open Source Development Lab)ジャパン(現The Linux Foundation Japan)により,日本国内における会議OSDL Japan Linux Symposium(The Linux Foundation Japan Symposium)がこれまで10回開催されてきた。

  • 「Linuxにもっと日本からのコードを増やすには?」---第1回 OSDL Japan Linux Symposium
  • 「Linuxカーネル2.6.20で仮想マシンを統合へ」---第2回 OSDL Japan Linux Symposium
  • 「オープンソース・コミュニティで活動するために知っておきたいこと」---第3回 OSDL Japan Linux Symposium
  • 「日本からのパッチでext3ファイル・システムの容量を拡大」---第4回 The Linux Foundation Japan Symposium
  • 「Linuxには新しいファイル・システムが必要」---第5回 The Linux Foundation Japan Symposium
  • 2009年カーネル・サミットは日本で開催---第6回 The Linux Foundation Japan Symposium
  • 「2009年カーネル・サミットの会場は秋葉原が有力」---第7回 The Linux Foundation Japan Symposium
  • 「カーネルのセキュリティ問題が多すぎる」---第9回 The Linux Foundation Japan Symposium
  • 「動詞がない文章を書く人もいる,英語の壁は気にするな」---第10回 The Linux Foundation Japan Symposium
  • この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

    日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら