2009年10月22日の店頭販売に先駆け,企業向けのライセンス提供がこの9月に始まったマイクロソフトのクライアント向け新OS「Windows 7」。ITproでは,2001年の登場から約8年を経てサポート期限切れが迫るWindows XP,および2007年に登場しながら普及が進まなかったWindows Vistaと,Windows 7の性能を比較するベンチマーク・テストを実施した。その結果から,Windows 7は複数アプリケーションの同時実行性能でVistaをしのぐも,XPに及ばない場面があることも分かった。

 今回の測定は,Windows 7,Windows Vista,Windows XP,それぞれの32ビット版と64ビット版を対象とした。測定機の仕様はCPUがデュアルコアのAthlon X2 5400+,チップセットはAMD 690G,メモリーが4Gバイト(うち128Mバイトをビデオ・メモリーとして固定的に使用)である。アプリケーションが利用可能なメモリー空間は32ビット版は約3Gバイト,64ビット版は4Gバイトになる。デバイス・ドライバのバージョンは2009年8月17日時点の最新版に統一した。

 ベンチマーク・テストに使用したソフトは,英SiSoftwareの「Sandra」,米Futuremarkの「PCMark05」と「PCMark Vantage」の3種類。SandraでCPUやメモリー・アクセスなどの基本性能を,PCMarkの両ソフトで実アプリケーション性能を,それぞれ測定した。測定値は5回分の平均値になる。

基本性能:Windows 7,Vista,XPが僅差で並ぶ

 まずSandraのテスト結果のうち,基本的な演算性能を計る項目を見てみよう(図1)。結果は32ビット版,64ビット版とも,総じてWindows 7がわずかに速い。基本的なCPU/メモリー性能に限れば,順当に改善が進んでいるようだ。

図1●Windows 7/Vista/XPの32/64ビット版における基本演算性能
英SiSoftwareの「Sandra」で計測した。値は32ビット版Vistaを1とした場合の相対性能。
[画像のクリックで拡大表示]

 続いて暗号化/復号処理のスループット,メモリー帯域,およびファイル・システムの入出力性能である(図2)。こちらもファイル・システムの入出力性能を見る「Drive Index」など一部テストを除けば,32ビット版,64ビット版とも,総じてWindows 7がわずかに速いという結果になった。

図2●Windows 7/Vista/XPの32/64ビット版における基本処理性能
英SiSoftwareの「Sandra」で計測した。値は32ビット版Vistaを1とした相対性能。
[画像のクリックで拡大表示]

 なお,32ビット版と64ビット版の比較では,64ビット処理で演算するテストで64ビット版のほうが5~66%程度高速化している。32ビット版と64ビット版の比較で最も差がついた鍵長256ビットのAES暗号化処理「AES256 CPU Cryptographic」を見ると,64ビット版のほうが32ビット版に比べWindows 7で66%,Vistaで65%,XPで64%処理速度が向上している。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら