SQL Server Fast Track Data Warehouse(Fast Track)は、マイクロソフトが初めて手掛けたデータウエアハウスのアプライアンス製品である。低価格を武器に、激戦区の市場に乗り込んだ。

 「Fast Trackの価格は1130万8300円からで、他社製品に比べ、テラバイト当たりで半分から3分の1だ。性能は他社に引けを取らない。Fast Trackで、データウエアハウス市場に価格破壊を起こす」。マイクロソフトの五十嵐光喜 業務執行役員サーバープラットフォーム ビジネス本部本部長はこう意気込む。

 Fast Trackは、SQL Server 2008をデータウエアハウスとして利用するためのアプライアンスだ(図1)。価格を抑えるため、マイクロソフトは、米ヒューレット・パッカード(HP)や米デルのPCサーバーとストレージを採用した。6月24日の出荷開始時点で、HPが3種類の、デルが2種類のモデルを用意している。

図1●「SQL Server Fast Track Data Warehouse」の特徴
[画像のクリックで拡大表示]

2種類のツールで差異化

 いずれのハードも特別にカスタマイズしていない。だが、SQL Server 2008をインストールしただけのPCサーバーを販売しているのとは異なる。Fast Trackを扱うパートナー企業には、「リファレンス アーキテクチャ」と「ソリューション テンプレート」というツール群を提供する(図2)。

図2●Fast Trackを扱うパートナー企業向けには、「リファレンス アーキテクチャ」と「ソリューション テンプレート」のツールを提供する
[画像のクリックで拡大表示]

 これらのツールを活用することで、データウエアハウスの導入が容易になる。「個別にハードやソフトを調達して導入すると、6カ月程度の期間が必要だったものを、1~2カ月に短縮できる」と斎藤泰行エグゼクティブプロダクトマネージャは言う。

 リファレンス アーキテクチャは、ハードウエア構成やチューニングの指針をまとめたツールである。ツールといっても、Excelファイルに計算式を埋め込んだだけなので、簡単に使用できる。

 データウエアハウスのデータ量や想定する同時実行ユーザー数、目標の応答時間を入力する。そうすると、リファレンス アーキテクチャが必要な処理能力を自動的に算出する。例えば、同時実行ユーザー数が1ユーザーの場合、1秒当たり200Mバイトを処理するには、1コアが必要といった具合だ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら