PROJECT KySS(プロジェクト・キッス)
四国のSOHO。薬師寺 国安(フリープログラマ)と薬師寺聖(個人事業所自営)による,コラボレーション・ユニット。1997年結成。XMLや.NETプログラミングに関する執筆多数。両名とも,Microsoft MVP for Development Platforms - XML(Oct 2003-Sep 2009),http://www.PROJECTKySS.NET

 SilverlightのGUI要素を表現するXAMLドキュメントは,図形の種類や座標値や色などのスタイルを記録した,整形式XML文書です。したがって,XMLデータと同じように,LINQ to XMLを用いて処理することができます。本連載では,このXAMLのデータ処理をメインとする,サンプル・アプリケーションの開発方法を紹介します。

 開発に用いたツールは,「ペイント」「Expression Design 2」(画像素材の作成),「Expression Blend 2」(レイアウト),「Visual Studio 2008」(プログラミング)です。企画から公開までの全作業にわたって,Microsoftの製品を用いています。

 なお,Silverlight 2,.NETプログラミング(本稿の開発言語はVB),XML,LINQ to XMLの基本的な情報につきましては,ITproサイト内の過去記事を参照してください。

【関連記事】
VS 2008で学ぶ「LINQ to XML」の基礎
サンプルで理解する「Silverlight2」のアプリケーション開発
WebアプリケーションからRIAへ - サンプルで学ぶSilverlight 2

 本稿で取り上げるサンプルは,Silverlight 2 アプリケーションとして作成したものですが,Silverlight 3 でも動作します。Windows Vista + IE7 + Silverlight 2,および,IE8 + Silverlight 3の環境で動作を確認済みです。自動Windows Updateでは,2009年8月1日のMicrosoft Silverlightの更新(KB970363)で,Version:3.0.40723.0がインストールされます。

 ただし,開発環境については,執筆時点では,Visual Studio 2008 SP1 用 Microsoft Silverlight 3 Toolsは発表されていますが,Expression Studio 3 日本語版は発表されていません。

 Visual Studio 2008 SP1 用 Microsoft Silverlight 3 ToolsのインストールされたVS2008で,Silverlight 2のプログラムを開くと,「変換ウィザード」が表示され,Silverlight 3 用に変換されます。変換後のアプリケーションは,Silverlight 2 の環境では開くことができなくなりますので,注意して下さい。


 本連載では,これから数回にわたって,検索キーに言葉を指定しない,非言語検索処理の開発方法を紹介していきます。今回と次回では,開発に必要となる基礎知識について説明し,それを踏まえて,第3回目から実開発に移ります。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら