環境に優しい車として、電気自動車が期待されている。しかし、走行距離が短い、バッテリーの充電に時間がかかるという二つの大きな弱点がある。これを解消する方法として、米ベタープレイスが、バッテリーを必要に応じて交換する方式を提案している。バッテリー交換ステーションとそれをコントロールする情報システムが、その仕組みを可能にする。

写真1●バッテリー交換型電気自動車は、バッテリーを底面から交換する
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●バッテリー交換ステーションは二つのレーンを持ち、バッテリーを次々と交換していく
[画像のクリックで拡大表示]

 2009年5月から6月にかけて、バッテリーを毎回充電するのではなく、バッテリーそのものを交換する電気自動車(EV)の実証実験が行われた。ベタープレイス・ジャパンが横浜市内で実施した電気自動車向けバッテリー交換ステーションである。1台当たりのバッテリー交換時間は、約80秒。ほとんど待ち時間なしで、走り続けられることになる。

 バッテリー交換型の電気自動車は、バッテリー交換ステーション(BSS)と呼ばれる建物の内部に停車すると、底面からバッテリーが取り出され、充電済みバッテリーに交換される(写真1写真2)。回収したバッテリーは交換ステーションで充電し、ほかの自動車に供給する。交換の開始・終了などのコマンドは、電気自動車と交換ステーションがBluetoothで通信して制御する。

 この実験のための電気自動車を試作したのが、ベタープレイス・ジャパン。米国に本社を置き、電気自動車向けのインフラ構築を手がける企業の日本法人である。バッテリー交換方式による電気自動車普及を目指してきたが、バッテリー交換ステーションを実際に稼働させたのは、この実験が初めてだ。

電気自動車のアキレス腱はバッテリー

 電気自動車は、ここへきてにわかに注目を集めている。政府の後押しもあり、今後は市場シェアが急速に拡大する可能性がある。自動車メーカーも力を入れる。三菱自動車、富士重工業が市販を開始したほか、2009年8月には日産自動車が電気自動車「リーフ」を2010年後半に市場投入することを明らかにした。

 ただし現状では車両価格が高いことに加えて、一回の充電で走行可能な距離が100km程度であること、バッテリーの充電に時間がかかることなどが、普及に向けた課題になっている。長距離を運転する場合は、バッテリー残量が少なくなるたびにバッテリーを充電し直さなければならない。外出先で利用可能な、電気自動車向け充電スタンドを整備する動きもあるが、充電には数十分を要する。

 これに対し、ベタープレイスが提唱するのが、バッテリーそのものを交換する方式。ベタープレイス・ジャパンの三村真宗 事業開発本部本部長兼社長室室長は、「バッテリーは、電気自動車を高価にする要因の一つ。それを交換方式にすることで、使用量に応じ課金する仕組みを導入することが可能になり、車両価格を抑えることにもつながるはずだ」という。

 ただ、バッテリー交換方式にも弱点はある。確保するバッテリー数に限りがあることだ。バッテリーを求める電気自動車が殺到したら対応しきれない。「高価なバッテリーを多く抱えるとコストが膨らむ。バッテリー交換ステーション当たり20個程度のストックが適切」(三村本部長)と考えられている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら