ウィルコムは6月下旬,現在試験中の次世代PHS「WILLCOM CORE XGP」に対応した通信カードを一般企業に貸し出し始めた。日経コミュニケーション編集部も同カードを入手し,東京都内で実効速度を計測。好条件下で下り最大11Mビット/秒を記録したほか,下りとほぼ同等の上り速度を計測するなど,予想以上の性能を確認できた。

写真1●パソコンに挿したXGP端末「GX000IN」
写真1●パソコンに挿したXGP端末「GX000IN」

 ウィルコムは2009年10月のXGPの本格サービス開始に向け,4月22日からエリア限定の試験サービスを提供している。同社が今回貸与を始めたのは,ネットインデックス製「GX000IN」とNECインフロンティア製「GX000N」の2機種。いずれも,PCカード型の端末である。両端末の通信特性にほぼ差がないことを確認したうえで,GX000INで実験を実施した(写真1)。

 試験サービスにおけるXGPの理論上の最大速度は,上り下りとも20Mビット/秒である(表1)。この理論値にどこまで迫れるかが,今回の実験でのポイントだ。比較のために,UQコミュニケーションズが7月1日に本格サービスを開始したモバイルWiMAXサービス「UQ WiMAX」の端末と,イー・モバイルのHSPA(high speed packet access)端末でも同じ測定を行った。UQ WiMAXの通信速度の理論値は下りが40M,上りが10Mビット/秒。イー・モバイルのHSPA端末「D23HW」の理論値は,下りが7.2M,上りが5.8Mビット/秒である。

表1●実測に使用した機材
測定用パソコンとしてはパナソニックの「Letfsnote CF-R8」(Windows Vista Business搭載)を利用した。
[画像のクリックで拡大表示]

実効速度は下り/上りとも好結果

 今回,実施したのは,(1)実効速度と,(2)ラウンド・トリップ時間(RTT:round trip time)の測定である。

 (1)の実効速度は場所による速度のバラつきを探るため,池袋駅東口,新宿駅南口,東京駅丸の内口付近の3カ所で実施した。ビジネスでの利用を想定し,測定場所は喫茶店内。電波が入りやすいよう窓に近い席を選んだ。

 速度計測は,通信端末を接続したパソコンと,FTPサーバーとの間で1Mバイト程度のファイルをやり取りし,完了までの時間を計測した。測定はそれぞれ3回ずつ。その平均値を測定結果とした。FTPサーバーには,上り/下り100Mビット/秒の家庭用FTTH回線に接続したパソコンを利用している。

 結果は図1の通り。都内3カ所すべてにおいてXGPが他方式を上回った。

図1●3方式の実効速度
インターネット上のFTPサーバーに対して約1Mバイトのファイルをアップロード/ダウンロードした。掲載したのは3回計測した平均値。測定は6月19日午後に行った。
[画像のクリックで拡大表示]

 下り速度を見ると,各方式とも電波状態が良かった池袋では,XGPが5.6Mビット/秒だったのに対し,UQ WiMAXが4.1Mビット/秒,イー・モバイルのHSPAが3.85Mビット/秒だった。それ以外の場所でも,XGPが他の方式を上回っている。

 図1には記していないが,東京都港区にあるウィルコム本社近くの電波環境の良い場所では,1回だけXGPの実効速度が11Mビット/秒を超えた。

 上り速度ではさらに差が付いた。池袋ではXGPが4.09Mビット/秒であるのに対し,UQ WiMAXが830kビット/秒,イー・モバイルが860kビット/秒。他の場所でもXGPは3Mビット/秒超の速度が出ている。これは,XGPの下り速度とほとんど変わらない。上り下りで対称の通信速度を持つXGPの特徴が良く表れた結果と言えるだろう。

 ただし,通信速度は接続ユーザー数によっても左右される。XGPは一部ユーザー向けの試験サービスで,比較的有利な条件にあることには留意しておく必要がある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら