携帯電話を使って、発達障害などを抱える子供たちの日常生活をサポートしようというプロジェクトが始まっている。東京大学先端科学技術研究センターとソフトバンクモバイルが2009年6月に開始した「あきちゃんの魔法のポケットプロジェクト」である。子供たちに携帯電話を渡し、勉強やコミュニケーションといった場面での有効性を実証する。

 「あきちゃんの魔法のポケットプロジェクト」は、読み書きの障害や自閉症、知的障害、肢体障害といった障害を持つ子供たちを対象に、携帯電話上で動く種々のアプリケーションを使って日常生活をサポートしていこう、という取り組みだ。北海道、和歌山県、香川県、愛媛県、山口県にある障害者施設学校で利用してもらう。

 東大先端技術研究センターで、自立を支援するテクノロジを研究する中邑賢龍教授のグループが、携帯電話用アプリケーションを用意。ソフトバンクモバイルは、iPhoneやWindows Mobile搭載のスマートフォンなど、携帯電話34台を提供する。

 プロジェクト名にある「あきちゃん」は実在の人物。会話など音声コミュニケーションを苦手とし、中邑教授の研究室に在籍していたときは、日によっては一言も口をきかず、用件はすべて携帯電話のメールでやり取りすることもあったという。あきちゃんのような子供たちにとって、「携帯電話は、日常生活をより快適に過ごせるための、まさに“魔法のポケット”になる」と、中邑教授は強調する。

あいまいな表現をグラフや数値で具体化する

●写真1●タイマー機能の画面例
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●騒音計の画面例
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●サポーターとして期待される辞書機能の画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 プロジェクトで利用する携帯電話用アプリケーションの一つが、タイマー機能。残り時間を視覚的に把握できるように、設定時間を緑色の円グラフで表示する。時間経過とともに円グラフの赤色部分が増えていき、最終的に円グラフ全体が赤くなったら終了という、いわば砂時計のようなソフトである(写真1)。

 発達障害の子供たちの中には、「あと少しで課題を完成させましょう」といった、漠然といた指示の意味がつかめず混乱するケースがある。そこに、視覚的に残り時間がどれほどあるかを示せれば、混乱を防げることになる。

 別のアプリケーションに騒音計がある。発生した声の大きさを針の振れと数値で表示する。「もう少し静かにしましょう」という指示ではやはり、どれだけ声を落とせばいいのか分からない。騒音計アプリケーションによって「60デシベルを超えない声の大きさで話しましょう」と指示することで、数値などをみながら声を落とせると期待する(写真2)。

 このほか、携帯電話がもつ辞書機能やメール機能なども、子供たちのサポート機能として有効だと考えられている。読めない漢字や意味の分からない言葉を調べやすくなれば、学習への取り組み度合いが変わってくる(写真3)。日常会話のスピードについていけなくても、メールでならコミュニケーションが取れるときもあるためだ。

 中邑教授は、こうしたアプリケーションについて、「運動が苦手な人に『運動しなさい』といっても、具体的に何をしていいのか分からず行動できないが、万歩計を渡して『1日5000歩、歩いてみましょう』といえば、歩けるようになるとの同じ。発育障害を持つ子供たちに必要なのは、一般には“当たり前”と思われている指示内容などを、より具体的に示せる仕組みだ」とは説明する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら