病気にかかった子供の保育を請け負うサービスを提供する特定非営利活動法人(NPO法人)フローレンス。同法人の社内システムは、米セールスフォース・ドットコムのSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)で構築・運用されている。運用負荷が軽減されるだけでなく、CRM(顧客関係管理)の機能が、会員である保護者と、保育者とを結びつける仕組みに合致していた。

図1●フローレンスのホームページ
[画像のクリックで拡大表示]

 フローレンスが提供しているのは、急に熱を出したり軽い病気になったりした子供を預かる「病児保育」と呼ばれるサービスである。通常の保育サービスでは、病気になった子供は預かってもらえないことがほとんど。そのため、共働きの家庭や母子家庭では、子供が病気になってしまうと、母親や父親が仕事を休まなければならない。

 こうした状況に対し、フローレンスは、「女性が社会進出するうえで、不利な条件になってしまう恐れがある」(こどもレスキューネット事業部の大西芙美コーディネーター)と考える。そこで、子育てと仕事の両立を支援する目的で、病気の子供を預かるサービスを提供している(図1)。

朝8時までの保育依頼には100%対応可

 サービス提供地域は現在、東京23区内。6月11日時点で、760人、668世帯が会員登録している。会員は前日夜か当日早朝にメールでサービス利用を申し込む。メールを受け取ったフローレンスの担当者が、だれをどの会員の自宅に向かわせるかを決め、電話でそれを指示する。朝8時までの申し込みであれば100%対応が可能だという。

 実際に子供を預かって面倒をみるのは、「こどもレスキュー隊員」とよばれる保育スタッフである。育児経験があるか、保育士やベビシッターの経歴、保育現場での実務経験を持つ人たちだ。現在27人がおり、こどもレスキュー隊員として働いている。

写真1●こどもレスキュー隊員による保育の様子
写真1●こどもレスキュー隊員による保育の様子

 会員宅に出向いたレスキュー隊員は子供を預かり、まずかかりつけの小児科医を受診する。その上で会員の自宅か、レスキュー隊員の自宅で17時30分まで子供の面倒をみる(写真1)。別料金で20時までの延長も可能だ。

 NPO法人であるフローレンスには、サポート隊員と呼ばれる支援者もいる。彼らは、フローレンスの事業方針に賛同し毎月数千円を寄付することで、活動をサポートする。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら