「Google App Engine」は,米Googleが提供しているWebアプリケーション開発/実行環境です。2008年4月に先着1万人限定でプレビュー版を公開,同年5月末からは人数制限を撤廃して,無料のユーザー登録をすれば誰でも使えるようになりました。ここでは,2008年末時点のGoogle App Engineの使い方を紹介します。
※ 記事は執筆時の情報に基づいており,現在では異なる場合があります。

 最初に「Google App Engine」を簡単に説明しましょう。Google App Engineを一言でまとめると,「面倒な準備をせずに無料で使えるWebアプリケーション開発/実行環境」となります。

タダでGoogleのリソースを活用できる

 このGoogle App Engineを利用すれば,米Googleが運用している膨大なサーバー群はもとより,Googleのサービス基盤となっている分散ファイルシステム「GFS(Google File System)」やデータベース管理システム「BigTable」を使ったWebアプリケーションをタダで公開できます。

 では,どうして,GFSやBigTableといったGoogleのインフラを活用できるのでしょうか。そのカギを握るのが,Google App Engineが提供する,Pythonの実行環境と各種ライブラリです(図1)。

図1●Google App Engineの概要図。インターネットの向こう側にあるGoogleのサーバー群の上に,Webアプリケーション実行環境(Pythonの実行環境と各種ライブラリ)が存在する
図1●Google App Engineの概要図。インターネットの向こう側にあるGoogleのサーバー群の上に,Webアプリケーション実行環境(Pythonの実行環境と各種ライブラリ)が存在する

 Webアプリケーションの開発者は,プログラミング言語Pythonを使い,Google App Engineが提供する各種ライブラリを呼び出すWebアプリケーションを記述します。完成したら,それをアップロードするだけでGoogleのサーバー上で動作可能です。Python実行環境や各種ライブラリはGoogleのサーバー側で準備が整っています。

 このため,開発者に必要なのは,開発キット(Google App Engine SDK)の入手と,無償のユーザー登録だけ。Webアプリケーションを公開するために,従来のようにサーバー・マシンやネットワーク回線,OSやアプリケーションの実行環境を一から手配する必要はありません。もちろん,アプリケーション・サーバーを運用管理する手間も省けます。

リソース使用権には制限がある

 このように開発者は,タダで手軽にGoogleの膨大なコンピュータ・リソースを使えますが,その使用権には制限があります。

 まず,登録ユーザー一人当たりに割り当てられるストレージ容量は500Mバイト。そして,公開できるアプリケーションの数は10個までです。1アプリケーション当たりの最大ファイル数は1000個まで,1ファイルの最大サイズは1Mバイトまでとなっています。

 1日単位の制限もあります。ネットワーク回線のデータ送受信量や,プロセサのクロック・サイクル*1などです。表1にその制限を挙げました。アプリケーションが動作し始めると,この割り当て数を消費していくわけです。

表1●Google App Engineでは,1日当たりに消費するリソースの上限を決めている。この表の値を上回ると例外が発生したり,アプリケーションが止まったりする。データ容量の単位はGoogleの表記に従った
表1●Google App Engineでは,1日当たりに消費するリソースの上限を決めている。この表の値を上回ると例外が発生したり,アプリケーションが止まったりする。データ容量の単位はGoogleの表記に従った

 後述するDatastore APIなど,API呼び出しにかかっている制限を超えると例外が発生し,通信回線などコンピュータ・リソースにかかっている制限を超えるとアプリケーションが止まります。とは言っても,1日単位の制限は翌日になればリセットされてゼロに戻り,再びアプリケーションが動き出すようになっています。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら