いまや多くの企業システムでオープンソース・ソフトが活用されている。データベース管理システムをはじめ,アプリケーション・サーバー,全文検索エンジンなど,用途もさまざまだ。ここでは,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)のメンバー各社が,各オープンソース・ソフトの用途から導入方法,実践的な利用法までを紹介する。

 最初に取り上げるのは,データベース管理システムのPostgreSQL(http://www.postgresql.org)である。3回に分けて,PostgreSQLの概要から,運用,パフォーマンス・チューニング,クラスタリングまで,PostgreSQLを活用する上で必要な情報をお届けする。

 第1回目の今回は,PostgreSQLの特徴,他のDBMSとの比較などについて解説する。

PostgreSQLとは

 PostgreSQL(「ポストグレス」あるいは「ポストグレスキューエル」と読む)は,米国カリフォルニア大学で開発されたデータベース・ソフトPostgresをベースに,世界中のボランティアが改良を重ねたオープンソース・データベースだ。データベースに要求される基本的な機能はすべて備えており,ほとんどの用途で性能面でも商用データベースと比べて見劣りしない。また,LinuxやWindowsをはじめ,多くのプラットフォームで稼働するため,OSを選ばないのも特徴である。

PostgreSQLの歴史

 最初のバージョンは1996年にリリースされた6.0で,リリースされてから12年以上たつことになる(表1)。ところで,なぜPostgreSQLのバージョン番号は1.0ではなくて,6.0からスタートしたのか?

表1●PostgreSQLの主なバージョンとその機能
提供開始年バージョン主な機能強化点
19966.0PostgreSQL 6.0リリース(最初のバージョン)
19976.2トリガ
19986.3副問合わせ,マルチバイト対応
19996.5行ロック,MVCC
20017.1WALログ,TOAST
20027.3コンカレントVACUUM
20058.0PITR,Windows対応
20068.2マルチプロセッサ最適化
20088.3HOT,全文検索,autovacuum

 PostgreSQLの前身であるPostgresは,元々研究理論を実証するために開発されたソフトで,研究プロジェクトの終了と共に役目を終え,そのときのバージョン番号は4だった。その後,Postgresプロジェクトに参加していた学生が,Postgresを実用的に改良したPostgres95を開発した。このプロジェクトは短命だったが,現在のPostgreSQL開発中心メンバーがこのプロジェクトを引き継ぎ,PostgreSQLをスタートさせた。

 Postgres95をPostgresのバージョン5と考えると,PostgreSQLは6に当たるわけだ。つまり,PostgreSQLは,自らをPostgresの後継者と位置付けていることになる。実際,Postgresの先進的な機能,例えばオブジェクト指向的な機能,遺伝的アルゴリズムを使った問合わせオプティマイザなどは,脈々とPostgreSQLに引き継がれている。

自由度の高いライセンス

 オープンソース・ソフトウエア(OSS)のライセンスは,単にそのソフトを利用する分にはあまり意識する必要はないが,自社ソフトに組み込む場合などにはきちんと確認する必要がある。例えば,Linuxでも採用されているGPLというライセンスでは,そのOSSソフトを自社ソフトの一部として流用してビジネスするなら,自社ソフトの方もソースの公開が必要になる。

 一方PostgreSQLのライセンスはそのような制約がなく,著作権をきちんと尊重する限りにおいて,ソース・コードを公開する必要がない。実際,OBCIの正会員企業であるSRA OSS, Inc.日本支社のPowerGresなど,PostgreSQLをベースにした商用製品が販売されている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら