片山 博之
ガートナー ジャパン リサーチ ディレクター

 景気の不透明感がぬぐえない現在、企業にとってコスト削減は切実な経営課題である。システム関係者は、ITにかかわるムダを排除すると同時に、ITを活用することで業務の効率化を図り、会社全体のコスト削減に寄与することが求められている。
 ここでは、企業がITコストやビジネス・コストの削減に取り組むための考え方や具体的なアプローチ、留意すべき点などを、ガートナー ジャパンでリサーチ ディレクターを務める片山博之氏が3回にわたって解説する。まず今回は、アンケート調査の結果を基に、日本企業が抱えるIT投資の課題を考える。次回からは、同社が提唱する「コスト最適化フレームワーク」に基づいて、具体的なコスト削減策を紹介する。(吉田 琢也=ITpro編集)


 皆さんの中には、「ITコストの削減」が2009年度の至上命題とお考えの方も多いと思います。いまや世界中の多くの企業にとって、ITコストの削減は極めて緊急性の高い経営課題となりました。

 ガートナーが世界のCIO(最高情報責任者)を対象に毎年実施している調査(今年は約1500人が回答)の結果でも、このことがはっきりと裏付けられました。

 「戦略的な優先課題は何か」という質問に対して、2008年の調査では「ITコストの削減」という回答が全体の10番目でしたが、2009年の調査では2位に急浮上したのです。2009年の調査は2008年9~12月に実施したものですが、仮にいま実施すれば、おそらく「ITコストの削減」が1位になるはずです。

 では、企業が「ITコストの削減」を実現するには、具体的にどんなことを検討し、何に注意すればよいのでしょうか。これらのことを本稿では、ガートナーが策定した「コスト最適化フレームワーク」に基づいて説明したいと思います。今回は具体策の説明に入る前に、ユーザー企業のIT投資のどの部分にコスト削減の余地や機会があるのか、について考えます。

景気悪化でIT投資に急ブレーキ

 ガートナーは毎年、ユーザー企業へのアンケート調査を通じて、IT投資額の増減率(前年度との比較)を分析しています。過去の調査結果を見ると、これまでは経済成長率(実質GDPの伸び率)が、半年から1年遅れて、IT投資額の増減率に反映される、という傾向がありました。しかしながら、急激な景気の変動があると、このラグはなくなり、即座にIT投資に影響します。

 経済危機が顕在化する前の2008年5月に実施したアンケート調査では、2008年度のIT投資額は前年度に比べて比較的堅調な伸びを示していました。ところが2008年11月に実施した調査では、前年度比でほとんど伸びがなくなり、フラットになってしまいました。

 同じ11月の調査では、2009年度のIT投資額の予測値についても質問したのですが、前年度比でマイナスの結果となりました。しかも、2002年度のITバブル崩壊時より悪い数字です。

 2008年11月以降、経済はさらに悪化しています。そこで2009年3月に改めて調査を実施したところ、2009年度のIT投資額の予測値は前年度と比べて大幅に縮小し、そのマイナス幅はITバブル崩壊時よりもはるかに大きな値を示しました。

 これらの調査結果により、IT部門にとってITコストの削減が今年の一番ホットなテーマであることが、改めて裏付けられました。

減らすべきは既存システムの維持費

 次に、IT投資の内訳を見たいと思います。

 2008年11月に実施した調査で、2008年度のIT投資額に占める「新規投資額」と「既存システム維持費」の内訳を質問したところ、回答企業の平均は、新規投資額が20%、既存システム維持費が80%でした。新規投資額には、ハードとソフトの購入費/レンタル費、システム開発費、外部委託費、追加要員の人件費などを含みます。

 新規投資額は2007年11月の調査では23%でしたので、1年で3ポイント下がったことになります。ちなみに米国では、2008年11月の調査で、新規投資額の割合が3割を超えています。このことからも、日本企業のIT投資に占める新規投資の比重がいかに小さいかが分かります。

 IT投資額に占める新規投資額の割合を、「0%(なし)」「10%未満」「10%以上、20%未満」「20%以上、30%未満」「30%以上、50%未満」「50%以上」の6つに分類したところ、ほぼ4社に1社(回答企業の26%)は「0%」という結果でした。仮に調査をいま実施すれば、0%という回答はもっと多くなると思います。

 ただ、ここで考えてみてください。本当に新規投資を減らしてよいのでしょうか。

 とりあえず予算を確保した、といった目的意識の薄い新規投資なら削ればいいでしょう。しかし、業務改革や売り上げ拡大を狙った“攻め”のIT投資を減らしてしまったら、当面はそれらの効果を享受できないことになります。

 ただでさえ、イノベーションをもたらすようなIT投資は、効果が出るまでに時間がかかるものです。このまま新規投資を減らし続ければ、景気が回復してもIT投資の成果を生かせない、という最悪の事態を招きかねません。ですから、新規投資を安易に減らすことはお勧めしません。

 ではどうすればいいのでしょうか。

 検討すべきは、既存システムの維持にかけている費用の削減です。同じ調査で、既存システムに対するIT投資の成果について質問したところ、「期待通りの成功」という回答は5%にすぎませんでした。「ある程度は成功」を加えても5割に達しません。その程度の成果しか出ていない既存システムの維持に、IT投資の8割もかける必要があるでしょうか。

 IT投資を削減するなら、攻めの新規投資に手を付けるのではなく、まず既存システムの維持費を減らすことを考えてください。すなわち、「効果の小さいシステムに対する維持費の削減」につながるような投資を実施し、トータルで削減できたコストを、可能な範囲で攻めの新規投資に回すのです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら