iPhoneの登場以来,IT業界の主戦場は,急速に携帯電話に移行し始めた。Webサービスを手がける大手企業がこぞって,iPhone対応を進めているのだ。

 iPhoneのライバルである携帯電話用プラットフォーム「Android」を主導する米Googleは,検索サービスはもちろんGoogle Docs,Google Calendarなど,一通りのサービスをすべてiPhoneに最適化している。今やGoogleのサービスに迫る勢いの人気のミニブログサービス「Twitter」(写真1)もそうだ。「MySpace」,「facebook」(写真2),「LinkedIn」といった主要なソーシャル・ネットワーキング・サービスも,単にWebページをiPhoneに最適化するだけでなく,サービスをより快適に利用できるiPhone専用のアプリケーションを出している。The Wall Street JournalやThe New York Times,USA Todayなどの米国ニュース・サイトも,iPhone用アプリケーションを出している(写真3)。

写真1●iPhoneに最適化したTwitter
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●iPhoneに最適化したfacebook
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●iPhone専用アプリを用意したUSA Today
GPSを使ってユーザーが今いる場所の天気を表示するサービスなども提供中。
[画像のクリックで拡大表示]

 日本より1年早くiPhoneが発売された米国のIT業界では,今やiPhone対応はInternet Explorer対応と同じか,それ以上に重要な取り組みになりつつある。IT業界の主戦場は,まさにパソコンからiPhoneやiPhone並みのWebブラウジング機能を備えたAndroid端末,米Palmの新端末「Pre」などに移りつつあるのだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら