本研究所では、日本と海外のIT技術およびその利用方法を比較し、両者の間にある格差について考えていく。今回は、2009年5月18日に公開された検索サイト「Wolfram Alpha」を紹介しながら、科学的思考力をめぐる格差について考察したい。

 早速、Wolfram Alphaに触れてみよう。入力フォームに入力し、検索ボタンを押すと結果が出てくるのは、ヤフーやグーグルと同じである。ただ違うのは、出てくる結果となるデータの“質”だ。例えばWolfram Alphaに「caffeine vs. aspirin」と入力すると、元素結合の図や数値が出てくる(図1)。

図1●WolframAlphaで「caffeine vs. aspirin」と入力したときの検索結果
[画像のクリックで拡大表示]

 これは一体、なんの検索エンジンなのか?インターネット上にあるWebサイトの情報を検索できるのが、ヤフーやグーグルだ。しかし、Wolfram Alpha はユーザーが知りたいであろう情報を返すという、アプリケーションとしての役割を果たしている。次世代グーグルというものではなく、全く別のものだと感じられる。筆者が手がけるユーレットのように、インターネット上のデータをどう整理してユーザーに見せるかということでもない。あくまでもユーザー側に立って、ユーザーがほしいであろう情報をユーザーが見たいであろう形で表示している。

図2●WolframAlphaで「yahoo」と入力したときの検索結果
[画像のクリックで拡大表示]

 企業名を入力フォームにいれてみよう。「yahoo」と入力すると、売り上げや株価などの情報が表示される(図2)。これは、投資家がほしいと思われるデータの表示の仕方しているように私は感じる。ここが難しいところかもしれない。例えば、方程式の答えや、化学式のように、科学であれば答えは一つである。しかし、企業名を入れたユーザーが知りたいのは、ここに表示されていることなのか?人事のことや株主のこと、ニュースのことなどを知りたいと思っているのではないか?こういった点については満たされていない。

科学技術計算用ソフトの開発者らが発想した

 Wolfram Alphaは、科学技術計算用ソフトである「Mathematica(マセマティカ)」の開発を手がけた人たちが発想した検索サイトである。そのため、科学をベースに物事を思考している。

図3●Mathematicaの製品紹介ページ
[画像のクリックで拡大表示]

 Mathematicaといえば、私が学生時代に通信を研究していたときに、少しかじったことがある。「非常に良くできたソフト」という印象だ。まだ、オブジェクト指向という言葉が一般的ではないころ、パーツごとにプログラミングができ、パーツを使いまわせ、さらにグラフィカルに通信回路図を表現することができた。先輩に見せてもらった時には「便利なものがあるものだ」と感心したのを覚えている。久しぶりにWebサイトを覗いてみたが、当時とは比べ物にならないほどに進歩している(図3)。

 先程、Wolfram Alphaはグーグルとは別物だとコメントした。だが、グーグルが図書館データベースのようなものをインターネット上に開放したのに対し、Wolfram Alphaは、Mathematicaを研究者のツールとしてではなく、一般の人が分かるインタフェースでインターネット上に開放した、という意味で非常に発想のプロセスが似ている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら