タスクバーをVista風にする方法

 筆者の場合,操作方法や見た目が変わるような新しいWindowsが登場したときも,努めてその新しい作法に慣れるようにしている。これは筆者が書籍やマニュアルを執筆するという仕事柄そうしているのであって,すでに慣れ親しんだ操作方法に未練がないわけではない。これは愚痴でしかないが,読者の中にはWindows 7のタスクバーからクイック起動がなくなってショックだった方も多いのではないだろうか。そこでWindows 7のタスクバーにクイック起動を復活させてVista風にするTipsを紹介する。

 まずタスクバーで右クリックして「タスクバーを固定する」のチェックを外しておく(図11)。次に,タスクバーの上で右クリックして「ツールバー」→「新規ツールバー」とクリックしていき(図12),表示されたダイアログの「フォルダー」欄に以下のパスを入力する(図13)。

%userprofile%\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch

 そして「フォルダーの選択」をクリックして閉じると,タスクバーの右側の方に「Quick Launch」と記述されたツールバーが現れる。これでクイック起動が復活した。

図11●Windows 7をVista風タスクバーにする(1)
まずはタスクバーで右クリックして「[タスクバーを固定する」のチェックを外す。
[画像のクリックで拡大表示]
図12●Windows 7 をVista風タスクバーにする(2)
タスクバーを右クリックして「ツールバー」→「新規ツールバー」を選択する。
[画像のクリックで拡大表示]
図13●Windows 7 をVista風タスクバーにする(3)
フォルダー欄に「%userprofile%\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch」と入力して「フォルダーの選択」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

 次に,復活した「Quick Launch」を右クリックして「ボタンの表示」と「ボタン名の表示」のチェックを外す。あとは,タスクバーをマウスでドラッグしてクイック起動のツールバーと位置を逆にすれば完璧だ。

図14●Windows 7 をVista風タスクバーに(4)
クイック起動を復活させた上で,アイコンのみの表示をやめてグループ化もしないと,ほとんどVistaと同じようなタスクバーになった。
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに見た目も同じにしたい場合は,タスクバーで右クリックして「プロパティ」を選択し,表示されたダイアログボックスの中から「小さいアイコンの使用」にチェックを入れ,さらに「タスクバーのボタン」のドロップダウン・リストから「結合しない」を選ぶ。これでアプリケーションアイコンが小さくなりテキストも表示するようになる(図14)。ここまでくると,Windows 7のタスクバーは見る影もないが,クイック起動の復活を願う方は,試してみてはいかがだろうか。

 次回は,コントロールパネルとエクスプローラ周りで,ベータ版との違いを検証してみたいと考えている。

中島 省吾
メディアプラネット社長
テクニカル・ライターとしてネットワークやソフトウエア関連の記事を執筆するほか,企業研修の企画・講師,ソフトウエアの開発などを手がける。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら