Webサイトを見て回る際,直感的に「好きになれない」と感じることがあります。職業病的に気になればソースは見てしまいますが,それ以前に,引っかかる「何か」を察知しています。グラフィックデザインの好き嫌いや好みには余り関係ありません。目に見える「要素」の関係性,グラフィック部品の配置,誘導の仕方,そんな小さな「何か」の積み重なりが,『このサイトは「残念な香り」がする』と囁いているかのようです。今回はそれらを五つに絞って考えてみます。

サイトを嫌わせる五つの要素:あいうえお

五つの要素

とりあげる要素は,画面を見ている人が,基本的にはボソっとつぶやくような言葉です。私自身はこんな言葉になるのですが,多少個人差のあるニュアンスがありそうなので,Weblio 類語辞典からイメージ的にズレの少ないものをそれぞれ列挙しておきます。

実際のイメージ:【あ】~【お】

【あ】あざと~

サイトに入った途端に感じる匂いというものは存在します。誘い込んで何かを奪おうとする類のサイトは,テンプレートの供給が少ないせいかもしれませんが,一目で「ん?」と感じます。宣伝色の余りに強いサイトは,同系統の匂いを感じます。言葉巧みに,その機能なり商品なり会社なりの宣伝をして,さらにユーザーに「もう一手」をどこか要求しているような感触です。

あざとい - 類語辞典(シソーラス)

▽商法・やり方などがあざとい
あくどい ・ えげつない ・ 抜け目がない ・ 強腕による ・ 汚い(やり方) ・ ギンギラギンの ・ 毒々しい ・ どぎつい(宣伝) ・ (露骨な)商魂 ・ 商道徳にもとる~
▽様相・性格などがあざとい
(やることが)いやらしい ・ 意地汚い ・ 卑しい ・ あさましい ・ ギラギラした(性格) ・ あくの強い(人物) ・ 人を踏みつけても自らの利益を追求する ・ (周囲から)顰蹙(ひんしゅく)を買う

この印象はサイト全体に限りません。例えば,ニュースサイトの記事一覧の中にも,宣伝が混じっている場合があります。最近は,一応「[PR]」とは付いていますが,それが記事タイトルの末尾だったりするケースです。例えば下記は,全く似て非なるものだと思いますし,多くの人がそう思うのではないでしょうか。

  • [PR]革新的なWebデザインのノウハウ
  • 革新的なWebデザインのノウハウ[PR]

キャッチーなタイトルでユーザーを誘い込んでページビューを稼ぐ,やたらとページを分割して宣伝を送り込む,それらもかなり似ていると感じます。また最安値情報で釣っておいて,そのサイトを訪問しても,その最安値商品は下の方に追いやられていて,探さなきゃわからないようなサイトもそうです。提供側の人は,「そんなもの」と思っている節を感じますが,実は想像以上に嫌われている要素だと,私は信じています。

そして,この類語辞典が奇しくも示しているのは,ブランディングにも影響するという点です。「やりかた」が「性格(パーソナリティ)」への判断に広がることを示唆しているようにも見えます。何かしら「あざとさ」を感じたサイトや広告主に対して,それに引っかかったユーザーは,特定のイメージを持つと思われます。「あ~,あそこだよ,また」,あるいは「まだこんなこと続けてるよ,しょーがないなぁ」。

Webはなんとなく有益な情報源だという認識が根底にあって,それ故に宣伝広告色が強まるほどに,眉間にしわが寄るのでしょう。あからさまなやり方は,信用を引き下げこそすれ,メリットが何かあるようには感じません。ビジネスとはいえ,「あざと~」と思われないような情報バランスと表現バランス,これが必要なものではないでしょうか。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら