2009年上半期のWindows分野で,もっとも注目を集めた話題はなんと言っても「Windows 7」である。年明け早々の1月7日(米国時間)に,世界最大級の家電展示会「International CES」で開催された基調講演の壇上で米MicrosoftのCEOであるスティーブ・バルマー氏からベータ版の提供開始が発表された(関連記事:[CES2009]Windows 7ベータ版を公開)。それ以降,Windows 7に関する話題がITproにも次々と登場し,読者の注目を集め続けた。

[画像のクリックで拡大表示]

 このベータ版は,日本向けの日本語サイトも用意されるなど,世界中のユーザーに対して幅広く公開された。そのため,多くのユーザーからのダウンロードが殺到し,Microsoftは公開期限を当初の1月24日から2月10日に大幅に延長する羽目になった。ダウンロード数も,当初は250万件までという制約を設けていたが,その後これを撤廃して制限をなくすことになるなど,このベータ版は大きな注目を集めた。

【関連記事】
マイクロソフト,Windows 7入手の日本語サイトを開設
Microsoft,「Windows 7」ベータ版の一般ユーザー向け提供を2月10日まで延長
「Windows 7」ベータ版の一般向け提供が終了

 ITproでも,この動きをいち早くとらえ「Windows 7ウオッチ」と呼ぶ特番サイトを用意。注目を集めるWindows 7ベータ版について,ITproでも「Windows 7レビュー」という連載として,評価記事を週に1本ずつのペースで掲載するなど,数多くの記事を公開してきた。それらのいずれの記事も,多くの読者から読まれ,Windows 7に対するITpro読者の関心の高さが実感できた。

 Windowsの新OSというと,「製品が実際に登場してから評価すればいい」と考える人が多いためか,製品出荷前にはあまり盛り上がらないこともよくある。だが,今回のWindows 7に関しては前バージョンのWindows Vistaが不評だったことに対する反動のためか,まだ製品出荷が半年以上も先にもかかわらず高い関心を集めているのが興味深い。ITproが実施した調査でも,約9割の人がWindows 7を認知しており,「まったく使う気がない」という強い拒否反応を示した人は7.4%と少数派だった。ベータ版を使ってみた人は,3分の2以上が「出来がいい」との評価しているように,Windows 7の完成度の高さを実感している人が多いことも影響しているだろう。米国では,ベータ版に近い状態でいいので出荷してほしいという声さえ集まっているくらいだ。

【関連記事】
[記者のつぶやき 調査編]Windows 7にVistaほどの抵抗感はなし,まずは様子見だがいずれは移行も
「Windows 7」の早期リリースを求める署名が2700超も集まる

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら