2009年上半期のネットワーク分野で,最も大きな話題となったのはモバイル・ブロードバンド・サービスの進展だ。

写真1●「UQ WiMAX」試験サービスの開通式
[画像のクリックで拡大表示]

 まず2009年2月26日に,UQコミュニケーションズがモバイルWiMAX技術による「UQ WiMAX」の試験サービスを開始した(写真1)。試験サービスは約5000人のモニター・ユーザーに提供し,7月1日には本番サービスに移行する計画である。

 通信速度は,理論値としては下り最大40Mビット/秒,上りは最大10Mビット/秒。しかし実効速度は,そこまでは速くない。実際に実効速度を計測したところ,屋外では下り10数Mビット/秒以上,屋内でも条件の良い場所では下り数Mビット/秒を記録した。

 今夏には,インテルのWiMAXモジュールを搭載したノート・パソコンが登場する見込み。また,インターネット接続事業者(ISP)などが,MVNO(仮想移動体通信事業者)としてモバイルWiMAXサービスを提供する意向を示している。サービス・エリアは,7月1日以降もそれほど急激に広がるわけではないが,利便性の高いモバイル・ブロードバンド・サービスとして人気を博しそうだ。

【関連記事】
UQ WiMAXの試験サービス開始,基地局を増やして真のブロードバンド目指す
UQ WiMAX端末の実機で接続スピードを検証,屋内での電波減衰が弱点か
最速は池袋?東京の名所でWiMAXをテスト
UQがWiMAX経由でネット接続できる無線LANアダプタ,無料モニターも募集
【特集】ついに試験サービス開始!UQ WiMAXの全貌に迫る
【記者の眼】モバイルWiMAXサービスは“買い”か?
BIGLOBE,モバイルWiMAXサービスをMVNO方式で提供
ニフティがモバイルWiMAXをMVNO方式で提供,有償サービスは7月から

 一方,同じ2.5GHz周波数帯の免許を受けたウィルコムは,次世代PHS「XGP」の試験サービスを4月27日に開始した。ただし,こちらはUQ WiMAXに比べて試験規模は小さい。試験に参加できるユーザーは,MVNOのパートナー企業や一般企業のモニター約500人のみ。当面,一般ユーザーは参加できない。エリアも東京の山手線内の一部地区のみとなっている。本番サービス開始は10月を予定する。

 サービス開始時のXGPの提供エリアは,UQ WiMAX以上に狭くなることが予想される。そこでウィルコムは,XGPが広まる2012年12月末までの“つなぎ”サービスとして「WILLCOM CORE 3G」を投入した。これは,NTTドコモの携帯電話網をMVNOとして活用したデータ通信サービス。まずは,下り最大7.2Mビット/秒の法人向けサービスを4月9日に開始した。

 なお以前のウィルコムは,「次世代PHS = WILLCOM CORE」と位置づけていたが,現在は,次世代PHSだけでなく3G,従来のPHS,無線LANと複数の通信手段を利用して快適に通信できるサービス全体をWILLCOM COREと位置づけている。そして,単独サービスとしての次世代PHSはXGPと称する。「次世代PHS」という呼称そのものの,「すでに次世代ではない」という立場から,自らでは使わなくなっているのが現状だ。

【関連記事】
ウィルコムが「XGP」試験サービス開始,一般ユーザーは募集せず法人限定
ウィルコム,ドコモ網をMVNOで活用したデータ通信サービスを開始
ウィルコム,次世代PHSサービスで携帯電話の3G網も利用可能に
次世代PHS改め“XGP”を海外に推進,XGPフォーラムが発足
「次世代PHSとは呼ばないで」,XGPフォーラム設立会見より
[ウィルコム]MVNOの裏に売却話,次世代PHSに不安

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら