FlashCS3には,定番のパーツをムービー内で使用できる「コンポーネント」が用意されています。代表的なコンポーネントの使い方を学習しましょう。


 前回の記事では,FlashCS3にあらかじめ用意されている「fl」パッケージのコンポーネントの基本的な使用方法をご紹介しました。今回は,個々のコンポーネントをピックアップし,具体的なコードの記述方法をご紹介します(図1)。

図1●定番コンポーネントで作成したフォームの例
図1●定番コンポーネントで作成したフォームの例
(クリックすると別ウィンドウでムービーを表示します)

 また,FlashCS3のコンポーネントは,あらかじめステージ上に配置し,デフォルト値を[コンポーネントインスペクタ]を使って設定する事もできますが,今回は,配置からデフォルト値の設定,イベント処理の割り当てまで,すべてActionScriptのコード上から設定を行ってみましょう。

まずは肩慣らし「Button」コンポーネント

 まずはButtonコンポーネントを使って,おさらいと肩慣らしです。任意のコンポーネントを使用するには,まず,使用したいコンポーネントを[ライブラリ]パネルに登録する必要がありましたね(図2)。

図2●ライブラリへ追加する
[画像のクリックで拡大表示]

 ライブラリにコンポーネントを追加したら,[リンケージ]欄を見て,クラス名を確認しておきましょう。また,初めて使うコンポーネントであれば,クラス名を基にヘルプで検索し,その使い方を確認するのがよいでしょう。

 Buttonコンポーネントでよく使うプロパティやメソッドは,以下のような物があります(表1)。

表1●Buttonコンポーネントのプロパティとメソッド(抜粋)
プロパティ/メソッド 説明
labelプロパティ ボタンに表示する文字列
xプロパティ x座標
yプロパティ y座標
widthプロパティ
heightプロパティ 高さ
moveメソッド 配置する/移動する

 また,よく使うイベントには以下のような物があります(表2)。

表2●Buttonコンポーネントのイベント(抜粋)
イベント 説明
click ボタンクリック時に発生
イベント定数:MouseEvent.CLICK
イベントオブジェクト:MouseEvent

 このように,使用するコンポーネントで使いそうなプロパティと,使いそうなイベントを調べておきます。また,イベントを調べる際には,イベント定数と,addEventListenerメソッドを使って関連付けた関数に渡されるイベントオブジェクトの種類も調べておくのがよいでしょう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら