FlashCS3には,あらかじめ「ボタン」や「コンボボックス」といった,いわゆる「フォーム」を作成するための「コンポーネント」が用意されています。このコンポーネントを利用すると,フォームの作成がとても簡単になります。


 ナビゲーション風であったり,ちょっとしたアプリケーション風のFlashムービーを作成する場合,「ボタン」や「コンボボックス」といった定番のパーツが欲しいことがよくあります。これらのパーツは自分で作成してもよいのですが,FlashCS3では,こうした「よく使いそうなパーツ」をあらかじめ「コンポーネント」として用意しています。

図1●コンポーネントを使って作成したムービー
図1●コンポーネントを使って作成したムービー
(クリックすると別ウィンドウでムービーを表示します)

 図1のムービーは,よくあるお絵かきムービーを,コンポーネントを使って作成してみたものです。コンポーネントを使用すると「定番のパーツ」を持つムービーを作成できますので,「定番の操作」で動かせるムービーになっていますね。今回は,こうしたコンポーネントの基本的な仕組みと利用方法をご紹介します。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら