中山 康弘(なかやま やすひろ)
株式会社DTS所属

はじめに

 前回に引き続き,PythonのWebアプリケーションフレームワークDjangoを取り扱います。今回はより実践的なプログラミングに取り掛かっていきましょう。

 今回はDjangoフレームワークの,モデル,ビュー,テンプレートの基本的な実装をおこなっていきます。サンプル用のアプリケーションとして,本連載の第5回で実装した「ひとこと掲示板」のDjango版を作成してみましょう。

 GoogleAppEngineからDjangoフレームワークに移植をおこない,それを通してことでDjangoフレームワークの理解を進めます。

図1●Djangoフレームワークの公式サイト
[画像のクリックで拡大表示]

 Djangoのインストールについては前回の記事に説明がありますので参照してください。

サンプルアプリケーション

 本記事のサンプルアプリケーション・ソースコード一式をこちらからダウンロードできます。なお,ライセンスはGPLv3とします。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら