富士通が2008年10月に出荷した「Interstage Host Access Service」は、メインフレームのソフト資産をオープン環境で活用するためのミドルウエア製品。既存のソフトをオープンシステムの部品として利用できるようになる。メインフレームを熟知する技術者が現場からいなくなるという状況を受けて製品を開発した。

杉崎 厚哉氏●基盤ソフトウェア事業部 第一開発部 プロジェクト課長
杉崎 厚哉氏●基盤ソフトウェア事業部 第一開発部 プロジェクト課長

 「メインフレームを今後も使い続けたいというユーザー企業は多いし、我々もメインフレームにはまだ活躍の場があると考えている。このソフトはそのために示した解決策だ」。富士通の杉崎厚哉基盤ソフトウェア事業部第一開発部プロジェクト課長は、2008年10月に製品化した「Interstage Host Access Service(IHAS)」の狙いを、こう語る。

 IHASは、メインフレーム上で稼働する業務システムを、オープン系の情報システムと連携させるためのミドルウエア製品である。メインフレームのソフト資産を、外部の情報システムから業界標準のWebサービスに対応した、いわば「ソフト部品」として呼び出せるようにする()。

図●Interstage Host Access Serviceの活用方法
図●Interstage Host Access Serviceの活用方法

 IHASを搭載したサーバーは、オープン系の情報システムとメインフレームの間に立ち、両者の“通訳係”を担っている。こうすることで既存のソフト資産に手を加えることなく、オープンシステムで使えるようにした。杉崎氏は「IHASは、過去のソフト資産をSOA(サービス指向アーキテクチャ)化するソフト」と説明する。

 具体的には、IHASはオープン系のシステムからSOA準拠のプロトコルでメインフレームへの指示を受け取る。IHASはその内容を翻訳し、ホスト端末の動作をエミュレーションすることで、メインフレームに指示を送る。例えば、必要なデータをホスト画面に表示させて読み取るといった具合だ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら