事業化を阻む「ライフログ」のプライバシ問題

ユーザーの実生活やネットでの行動履歴である「ライフログ」を活用した行動支援サービスを携帯電話事業者が試行し始めた。ユーザーには便利な半面,プライバシを侵害する危険性もはらんでいる。省庁や事業者が中心となり,2009年半ばをメドに運用ルールの策定が進んでいる。

出典:日経コミュニケーション 2009年2月1日号 pp.46-50
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。