Windows 7では,標準搭載されていたWindowsメールやフォトギャラリーなどが,Windows Liveからのダウンロードに切り替わる。その穴を埋めるように,Windows 7内に残されたアプリケーションについては,大幅な機能アップが図られている。今回は,Windows 7に標準で搭載されているアプリケーションの中から,特に大きく変わったものを取り上げてみよう。

エクスプローラの表示メニューを変更

図1●Windows 7のエクスプローラ
左側のナビゲーション・ペインや上のコマンド・バーが変更されている。
[画像のクリックで拡大表示]

 まずWindows 7のエクスプローラから見てみよう。エクスプローラを起動すると,左側の「ナビゲーション・ペイン」が,いくつかのグループで表示されているのがわかる(図1)。Vistaでは,このペインは「お気に入りリンク」と「フォルダ」という2つに大きく分割されていた(図2)。また,XPでは,「フォルダ」だけが表示されていた(図3)。これに対し,Windows 7では,「お気に入り」「ライブラリ」「ホームグループ」「コンピューター」「ネットワーク」といった項目のグループが並んでいる。

図2●Windows Vistaのエクスプローラ
左側のナビゲーション・ペインは「お気に入りリンク」と「フォルダ」の2つに分かれている。
[画像のクリックで拡大表示]
図3●Windows XPのエクスプローラ
[画像のクリックで拡大表示]

 ウインドウの上部に並んでいるコマンド・バーも,Vistaと比べて変わっている。項目が整理されて「表示」と「書き込む」というメニューがなくなり,残った「整理」のメニューからもアイコンがなくなっている。その一方で「新しいライブラリ」というメニューが追加されている。また,今までヘルプのボタンしかなかったコマンド・バーの右側には,表示アイコンの大きさを変更したりプレビュー・ウインドウを表示するボタンが追加された。

仮想フォルダを扱うライブラリをデフォルトで表示

 そして最大の変更が,デフォルトで「ライブラリ」を開くようになったことだ。ライブラリとは,「Windows 7でなにが変わるのか(スタート・メニュー編)」で簡単に触れたように,ディスクの複数の個所に分散している情報を,あたかも1つのフォルダに存在しているように仮想的に見せる機能である。ここでは,ライブラリの対象となるフォルダを追加する手順を紹介しながら,エクスプローラでライブラリをどのように使うのかを見てみよう。

図4●「ドキュメント」ライブラリにはデフォルトで「マイドキュメント」と「パブリックのドキュメント」の2個所のフォルダの情報をまとめて表示するようになっている
[画像のクリックで拡大表示]

 ライブラリには,標準で「ドキュメント」「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」の4種類がある。たとえば,「ドキュメント」ライブラリでは,「マイドキュメント」と「パブリックのドキュメント」の2個所のフォルダの情報をまとめて表示するようになっている(図4)。

 この対象とするフォルダを追加したい場合は,左側のペインから「コンピューター」などの項目を開いていって,追加したいフォルダを表示させてからクリックして選択する(図5)。すると,コマンド・バーに「ライブラリに追加」というドロップダウン・ボタンが表示されるので,ここからたとえば「ドキュメント」など,追加したいライブラリを選択する。

 こうすると,ドキュメントのライブラリを開いたときに,そのフォルダ内に入っている情報も表示されるようになる(図6)。つまりライブラリとは,フォルダを保存する場所ではなく,散らばったデータを1つのフォルダからまとめて参照する,一種の「仮想フォルダ」ということになる。「仮想フォルダ」という考え方は,決して新しい概念ではないし,Windows Vistaでも検索結果から作成することはできた。だが,Windows 7では,それが扱いやすくなって,前面に出てきたという印象だ。

図5●フォルダを「ドキュメント」ライブラリに追加する
ライブラリに追加したいフォルダを表示して,コマンド・バーの「ライブラリに追加」から追加するライブラリを選択する。
[画像のクリックで拡大表示]
図6●ライブラリに追加されたフォルダ
ライブラリには,ローカル・ディスクだけでなく共有フォルダについてもまとめて表示できる
[画像のクリックで拡大表示]
図7●アプリケーションで「ファイルを開く」などの操作をしたときに表示されるコモン・ダイアログにもライブラリが表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 実際,各アプリケーションでファイルを開いたり保存したりするときに開くコモン・ダイアログでもライブラリが表示されるようになっており,他のアプリケーションからも利用可能だ(図7)。このライブラリへの追加操作は,ネットワーク上の共有フォルダに対しても実行できる。こうすることで,ライブラリから様々な場所にあるよく使うフォルダを簡単に参照することが可能になる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら