進化した地図・拡張現実(AR)が創り出す「G空間」

拡張現実(AR),6軸の地磁気/加速度センサー,屋内測位。続々と実用化される新技術によって,実空間と仮想空間を結び付けた新たなサービス──「G空間」サービスが生まれようとしている。典型例が,ユーザーの位置や動きを高い精度でとらえ,“いま”必要とする情報を的確に提供する位置連動サービスだ。2013年に市場規模が10兆円に達すると言われる次世代地図・位置情報サービスの最前線を紹介する。

画像デザイン:エステム

出典:日経コミュニケーション 2009年1月15日号 pp.23-29,p.33
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。