今回は,PHPの最新リリース情報と,2008年10月25日に行われたCakePHPカンファレンス東京の模様を紹介する。

PHP 5.2.8がリリース

 2008年末,PHP 5.2系のバージョン5.2.7と5.2.8が立て続けにリリースされた。これは,PHP 5.2.7のリリース直後に,magic_quote_gpcの設定が正常に動作しないというバグが見つかったためである。そこで,該当する部分のみを修正したPHP5.2.8がリリースされることになった。

 この問題のため,PHP開発チームは直ちにPHP5.2.7のリリースパッケージを削除し,現在ではダウンロードできない状態になっている。

 開発チームはPHP5.2.7の使用を行わないよう推奨しており,何らかの理由でPHP5.2.7が動作している環境となっている場合には,早急にPHP5.2.8にバージョンアップすること推奨したい。

 また,このバージョンアップにより,本来行われる予定だったFilterエクステンションのバグ修正が取り消された状態となった。

 このバグに対する回避策として,設定ファイルであるphp.iniにて"filter.default_flags=0"と指定することが推奨されている。PHP5.2.8でFilterエクステンションを利用する際には注意してほしい。

CakePHPカンファレンス東京が開催

 近年,PHPでもフレームワークが広く普及するようになってきた。そのうち,特に多くの支持を集めているものの1つが,CakePHPフレームワークである。

 CakePHPは,MVC構造を持つPHP4/5両対応のフルスタック・フレームワークで,パッケージを展開するだけでどんな環境でも動作する手軽さと,強力なヘルパー機能や幅の広い拡張性などに見られる機能性を兼ね備えた開発のしやすさが特徴である。

 Ruby on Railsを参考にして開発されており,scaffoldやコードの自動生成などの機能も充実している。活発なフォーラムを中心とする日本語情報の豊富さを背景に,様々なフレームワークが乱立する中で,国内での人気は頭一つ抜け出した格好だ。

 そんな中,2008年10月25日に「CakePHPカンファレンス東京」が開催された。PHPフレームワークとして国内初となる単独カンファレンスで,海外からCakePHP開発マネージャであるGarrett Woodworth氏も来日して講演を行った。

 今回は,そのCakePHPカンファレンス東京をレポートする。

 なお,いずれのセッションもCakePHPカンファレンス東京のサイト内に,当日のセッションを撮影した動画へのリンクがある。より詳しい内容が知りたい場合には,そちらもぜひ参考にしていただきたい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら