米アップルのiPhone 3Gや米グーグルのAndroid端末をはじめ,「オープン・プラットフォーム」を売りにした端末が増えている。2009年はこの傾向がさらに強まりそうだ。だが,UBS証券 株式調査部 シニアアナリスト マネージング ディレクター,UBSインベストメント・リサーチの乾牧夫氏は,「日本ではそう簡単には売れない」と明言する。

(聞き手は榊原 康=日経コミュニケーション


乾氏の眼
携帯電話の契約数 伸びるのは間違いない
端末の販売台数 2009年度は4500万台程度
端末メーカーの動向 事業統合はあっても撤退は疑問
2009年に注目の事業者 au(KDDI)
その理由 KCP+の完成で巻き返しに期待

携帯電話の契約数は今後どの程度伸びると見ているか。

 まだ伸びるのは間違いない。法人向けを中心に2台目需要も高まっている。日本の携帯電話の人口普及率は80%台前半で,世界で40位前後。G7の主要7カ国はおろか,OECD(経済協力開発機構)の30カ国,発展途上国にも抜かれている。人口普及率が100%を超えている国は20カ国以上もあり,日本が100%程度まで伸びても不思議ではない。その一方で,米国の人口普及率も日本と同じレベルにとどまっており,正直,結論は出ていない。

 ただ,いずれにせよ,携帯電話事業者の立場で考えると,2台目需要はそれほど重要ではない。ユーザーが携帯電話を2台持っても,MOU(1契約当たりの月間平均通話時間)が分散するだけで,ユーザーの支払いの合計金額が大幅に増えるわけではないからだ。それでも基本料の分だけ収入は増えるが,基本料の水準は各社とも下がっている。やはり新規ビジネスの創出が重要になる。

端末の販売台数が落ち込んでいるが,2009年以降はどうなりそうか。

 まず2008年度は4000万台を下回ることはない。上期(2008年4月~9月)の不振が続くと4000万台を下回る可能性もあるが,下期から機種変更が増えると見ている。理由は二つある。一つは,ソフトバンクモバイルが割賦販売を始めてから2年が経過すること。2年間の支払い期間を満了した割賦1期生が機種変更を始める。機種変更をする・しないは別として,その自由を得る。この影響はゼロではない。

 もう一つは,NTTドコモが2G(第2世代携帯電話)の巻き取りを本格的に開始する。これから2年間かけて数百万(2008年12月末時点で約666万)のユーザーに端末の買い替えを促していく。加えて端末販売は元々,下期で盛り上がる。2008年度の販売台数は4500万台程度と見ている。

 2009年度もこの傾向は変わらず,4500万台程度と予測している。ソフトバンクモバイルは割賦2期生,3期生と続き,NTTドコモも2Gの巻き取りが継続する。携帯電話の純増数もまだ伸びている。2008年度の販売台数から大幅に減ることはない。割賦の導入で2年未満の買い替え層がいなくなる影響は最初の2年間だけ。2008年度の販売台数は2007年度の5000万台以上から4500万台に一気に減るわけだが,それ以降は4500万台前後で安定すると見ている。

KDDIの端末プラットフォーム「KCP+」の存在は大きい

販売台数の落ち込みで端末メーカーは厳しい状況に直面している。国内の端末メーカーは何社程度生き残れそうか。

UBS証券 株式調査部 シニアアナリスト マネージングディレクター,UBSインベストメント・リサーチ 乾牧夫氏
[画像のクリックで拡大表示]

 端末メーカーは確かに厳しく,現に減っている。だが,日本の端末メーカーは家電メーカーや総合電機メーカーが中心で,携帯電話端末が本業ではない。しかも携帯電話端末で利益を出しているメーカーが元々少ない。利益が出なくて撤退するのであれば,とっくに減っていなければおかしい。

 ただし,カシオ計算機と日立製作所のような事業統合はあり得る。カシオ日立モバイルコミュニケーションズの場合,それぞれが別ブランドで展開しており,型番の抹消には至っていない。こうした事業統合はあっても,完全な撤退があるかどうかは疑問だ。

 一方,2008年11月に日本市場からの撤退を発表(関連記事)したノキアはインフラも一部で手がけているが,携帯電話端末が本業である。端末事業の不調は深刻な問題で,日本の総合電機メーカーとは目障り度合いが全く違う。ノキアは元々,日本市場で売れていなかったこともあり,今後見込みのない日本市場でわざわざ頑張る意味がない。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら