社会人になって約20年、定年までの折り返し地点に到達した Around 45。残り半分の社会人人生も自分に合った役を演じたい――と思いつつ、現在の仕事や役職が「適役」かどうか気になっている45歳前後は少なくない。Around 45のITパーソンは、どのような生活を送っているのだろうか。「3300人大調査」の結果を基にAround 45のペルソナ(架空の人)を作ってみた。

注 調査結果からITに携わる44~46歳の回答を抽出。最頻値や平均値、自由意見を基にペルソナを作成した

Around 45のペルソナ

田中 誠(仮名)

イラストレーション=師岡とおる
イラストレーション=師岡とおる

 メインフレームからオープンシステムへの変遷を肌で感じながら社会人人生を歩んできた。就職活動中からバブル景気が加速し、わずか5年で日経平均株価は約2倍に急上昇。当時は毎年のように海外旅行に行くなど、日本経済の絶頂期を実感した世代である。ただ、「バブル世代」と呼ばれることには抵抗を感じている。現在、約20人の部下を束ねる管理職だが、定年までの残り15年のキャリアに不安を感じ始めている。

●年収(諸手当含む) 755万円
●職業 プロジェクトマネジャ
●役職 課長
●学生時代の専攻 理系(情報工学専攻)

田中さん(Around 45)の生活

 妻と小・中学生の子供2人の4人家族。都内のマンションに住んでいるが、子供が大きくなってきたので家が手狭になってきた。午前0時20分に就寝し、6時20分に起床。早朝会議がない日は、自宅でしっかりと朝食をとってから出社する。平日は帰りが遅いため、夕食は帰宅後に1人で食べている。

 休日は家族で買い物に出かけたり、子供と遊んだりすることがほとんど。子供中心の生活になるため、趣味など自分だけの時間を確保することは難しい。1カ月のお小遣いは4万~5万円(40代平均は4万2000円)。

田中さん(Around 45)の仕事

 労働時間は1週間当たり50時間。多いときは70時間くらいに達する。年俸制なので「残業」という概念がない。部下は約20人いるものの、人事権や決裁権などはない。最近話題になっている「名ばかり管理職なのでは?」と思うことも多い。

 しかし、現在の仕事に携わって「良かった」と思っている。待遇(給与や福利厚生など)は、他の業界に比べて悪くないと思うからだ。仕事を通じて社会に貢献していることも、仕事のやりがいにつながっている。

 将来のキャリアパスについては、漠然と考えている程度。5年後に何をしているかは、正直、明確な目標があるわけではない。現在の職場での昇進や給与アップは当然として、人脈も広げたいと思っている。将来を考える上で、目標とする上司はいない。

田中さん(Around 45)の情報収集・発信

 新聞は毎日欠かさず読んでいる。忙しいときでも、見出しだけはチェックしている。仕事上「日本経済新聞」は必須だ。自宅では「朝日新聞」や「読売新聞」も購読している。

 最近はWebサイトでニュースをチェックするようにもなった。ヤフーの「Yahoo!ニュース」は、各社の記事がまとまっているので重宝している。RSSリーダーという便利なツールがあるようだが、使い方がわからない。

 書籍は月に2~3冊は読むように心掛けている。話題の小説から経済関連、IT関連など特にジャンルは決めていない。読書のためにまとまった時間を作れないので、もっぱら通勤電車の中で読んでいる。

 最近話題のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やブログには興味がない。知り合いから紹介されSNSのIDは持っているものの、一度もアクセスしていない。時間に余裕ができたら、人脈を広げるためにもSNSを活用したいと思っている。

田中さん(Around 45)のスキル

 仕事では英語の文書を読み書きすることが増えた。英語で会議をすることはできないが、なんとかなると思っている。20代のころ頻繁に海外旅行に出かけたこともあり、英語でのコミュニケーションに抵抗を感じることはない。

 初めて学んだ開発言語は「COBOL」。就職してからしばらくは、COBOLによるシステム開発に携わった。現在はプログラミングに携わることはないが、C言語やJavaについては大枠は理解しているつもりだ。

 ITの資格は持っていない。今から10年以上も前に「基本情報技術者(旧2種)」を取得したきりだ。PMPなどプロジェクトマネジメントの資格に関心はあるものの、あえて資格を取得しようとは思っていない。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら