WebブラウザとWebサーバーを主要な実行基盤とするプログラムを作るのが「Webプログラミング」です。Part1Part2Part3で紹介してきた,C/C++やJava(JDK,Eclipse)でもWebプログラミングは可能ですが,Webプログラミングに適した言語として「PHP(PHP:Hypertext Preprocessor)」も人気があります。Webサーバー・ソフトの「Apache HTTP Server」と一緒に試してみませんか。

 Webサーバー・ソフト「Apache HTTP Server(以下,Apache)」はThe Apache Software Foundationで,プログラミング言語「PHP(ピーエイチピー,PHP:Hypertext Preprocessor)」はThe PHP Groupで配布されています。ただ,今回は,その二つを含むソフトウエア群を簡単にインストールできるようにした「XAMPP(ザンプ,エグザンプ)」というパッケージを利用します。

 Windows用のXAMPPはhttp://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.htmlでダウンロードできます。図1のような画面が現れたら,下へスクロールしていくと,図2の「XAMPP Windows版」というコーナーがあります。そこで「ベーシックパッケージ」の「インストーラ」というリンクをクリックしてダウンロードしましょう。2008年9月下旬の記事執筆時点では,xampp-win32-1.6.7-installer.exeというファイルをダウンロードできました。

図1●http://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.htmlでは,Windows用のXAMPPをダウンロードできる
図1●http://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.htmlでは,Windows用のXAMPPをダウンロードできる
図2●図1の画面を下にスクロールしていくと,ダウンロードのためのリンクがある。今回は,「ベーシックパッケージ」の「インストーラ」を使用した
[画像のクリックで拡大表示]

 EXEファイルを実行し,最初の「Installer Language」画面では「Japanese」を選びます。続く図3の画面は,Windows Vistaのユーザー・アカウント制御を無効にするという知らせです。OKボタンを押して次へ進みます。図4はXAMPPインストール用のウィザード画面の始まりです。「次へ」ボタンを押すと出てくる図5は,インストール先のフォルダを設定する画面です。Windows Vistaでは,Program Filesの下にインストールするとうまくいかない場合があるため,ここでは,「C:\xampp」というフォルダにインストールするとして話を進めます。

図3●Windows Vistaのユーザー・アカウント制御を無効にすることを知らせるダイアログ。OKボタンを押す
図3●Windows Vistaのユーザー・アカウント制御を無効にすることを知らせるダイアログ。OKボタンを押す
図4●XAMPPのセットアップ・ウィザードが起動してきた。基本的には「次へ」ボタンを押して先へ進めばよい
[画像のクリックで拡大表示]
図5●XAMPPのインストール先を指定する画面。今回はCドライブの「xampp」フォルダを指定した
[画像のクリックで拡大表示]

 「次へ」ボタンを押していき,「セットアップウィザードは完了しました」という画面が出たら,「完了」ボタンを押します。「Xamppコントロールパネルを今すぐ起動しますか?」という画面が出たら,「はい」を選んでみましょう。図6の「XAMPPコントロールパネル」が現れます。

図6●XAMPPのコントロールパネル。ウィンドウ右上の閉じるボタンを押しても,タスクバー右端のトレイにはXAMPPのアイコンが残る。「終了」ボタンを押すと消せる
図6●XAMPPのコントロールパネル。ウィンドウ右上の閉じるボタンを押しても,タスクバー右端のトレイにはXAMPPのアイコンが残る。「終了」ボタンを押すと消せる

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら