Rubyの輪を広げたい---高橋 征義 ツインスパーク Webソリューション事業部事業部長補佐 シニアプログラマー

「日本Rubyの会」を2004年に立ち上げた高橋征義氏。実は仕事でRubyを使っているわけではない。Rubyファンの一人に過ぎなかった高橋氏を突き動かしたのは、プログラマとしての使命感だった。

 惚れ込んだものに対しては、誰もが「少しでも詳しく知りたい」「自分が感じている“良さ”を、多くの人に知ってほしい」と思うに違いない。どこまでやるかは人それぞれだが、私の場合は周囲の期待感が「日本Rubyの会」設立の原動力になった。

高橋 征義(たかはし・まさよし)氏
撮影協力=ジュンク堂書店 池袋本店

 オフ会やセミナーの場では、「なぜ(この組織を)設立したのか」と聞かれる。確かに、開発言語の普及団体を作ったからといって、私の仕事が変わるわけではないし、収入が増えるわけでもない。そもそも仕事では主にRubyを使っていないのだから。

 それでも、私はプログラマの一人として、「設立すべきだ」と思った。どんなに素晴らしい宝の種があったとしても、それを育てる土や肥料、水や空気がなければ種から芽が出ないし、花も咲かない。自分一人で花を咲かせることはできないが、そのきっかけは作れる。それで良い技術を広めることは、とても意義があることだ。そして少しでも世の中に貢献できるのならば、開発者冥利に尽きる。

 私がRubyと出会えたのも、別の開発者がこうした活動をしていたからだ。Rubyを知ったのは就職して約1年が過ぎた1997年ころ、ニュース系Webサイト「Internet Watch」の記事などで知った。当時は「そういう開発言語があるんだ」くらいにしか思っていなかったが、開発者向けのメーリングリストに参加してから、どんどんはまっていった。そこでは言語体系としての良しあしとか、設計思想とかを議論していたからだ。

 当時はまだ開発者として未熟だったので、Rubyの発展に直接寄与できなかった。その後、Rubyが広まっていくにつれ、「コミュニティが欲しいよね」という声があちこちから聞こえてきた。幸い私は、学生時代にコミュニティを運営した経験があった。「これなら自分も貢献できる」と思った。実際に話をふってみると、たくさんの方から協力を得られるようになった。今年6月に開催したRuby会議には、延べ1200人以上の方に参加していただけた。

 相手が特に求めていないことを、こちらの思惑でやるのはすごく大変。それに比べて、相手が欲しがっていることをすることはずっと簡単だ。なにせ相手が受け入れようという体制を作ってくれている。こうした機会は誰にでもある。私自身、これからの機会も大切にしていきたい。

高橋 征義(たかはし・まさよし)氏
ツインスパーク Webソリューション事業部事業部長補佐 シニアプログラマー
1996年3月北海道大学大学院工学研究科修了。同年4月、株式会社アイナック入社。2002年11月、業務提携により株式会社ツインスパーク入社。2004年8月、日本Rubyの会設立に参画。現在まで同会会長を務める。1972年1月生まれの36歳。

(目次 康男,森山 徹=日経コンピュータ

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら