Part2ではJava SE Development Kit(JDK)とテキスト・エディタを使ってJavaのプログラミングをしてみました。このJava開発の基本を身に付けたら,Eclipseを使ってみましょう。Eclipseをはじめとする統合開発環境(IDE)を利用すると,コード補完機能などを使って,より効率的にプログラミングができます。

 Eclipseは,Javaでプログラミングをする際の,代表的な統合開発環境(Integrated Development Environment,IDE)の一つです。Eclipseは,Javaだけのものではなく,C/C++,PHP,Ruby,Pythonなどでも利用できます。ただ,最初は使い方が簡単なJava用Eclipseを使ってみるのがよいでしょう。

 Eclipseの総本山と言えるWebサイトのアドレスはhttp://www.eclipse.org/です。ただ,日本語版のEclipseを使おうとしているなら,MergeDoc Projectで日本語化されたEclipseのパッケージ「Pleiades All in One 日本語ディストリビューション」をダウンロードするのが簡単です。

ZIPファイルの復元に注意

 MergeDoc Projectのトップ・ページを下に少し進むと,「ダウンロード」という欄があり,その下に「Pleiades All in One 日本語ディストリビューション(zipファイル)」という欄があります(図1)。この記事を執筆した2008年9月下旬の段階ではそこに「Eclipse 3.4 Ganymede」というバージョンと,「Eclipse 3.3 Europa」というバージョンのリンクがあります。今回は,3.4を使ってみます。

図1●MergeDoc Projectでは,日本語化を済ませたEclipse「Pleiades All in One 日本語ディストリビューション」をダウンロードできる
図1●MergeDoc Projectでは,日本語化を済ませたEclipse「Pleiades All in One 日本語ディストリビューション」をダウンロードできる

 「Eclipse 3.4 Ganymede」というリンクをクリックすると,図2の画面に進みます。ここでも,複数のパッケージの中から選択します。すべてが入った「Ultimate」,Java開発用の「Java」などがあり,それぞれに「JREあり」「JREなし」があります。JREはJava Runtime Environmentの略で,Javaの実行環境のことです。ここでは,JavaのJREありをダウンロードしてください*1。ダウンロードするファイル「pleiades-all-in-one-java-jre_20080924.zip」の大きさは546Mバイトです*2

図2●最も高機能なのは「Pleiades All in One Ultimate」だが,今回は「Pleiades All in One Java」を使う。「JREあり」版をダウンロードしてほしい
[画像のクリックで拡大表示]

 ZIPファイルのダウンロードが終わったら,その内容をハードディスク上に復元(展開)します。図3のようにダウンロードしたZIPファイルを右クリックして「すべて展開」を選び,図4の画面で展開先のフォルダを指定し,「展開」ボタンを押すと復元が始まります。

図3●ダウンロードしたZIPファイルを,Windows Vistaの機能で復元(展開)する。図4へ進む
[画像のクリックで拡大表示]
図4●展開するフォルダの名前は短くしよう。今回は「C:\eclipse」とした
[画像のクリックで拡大表示]

 実は図1の画面の下の方に書かれているのですが,Windows用EclipseのZIPファイルを復元する際は,パス名の長さで問題が起きないように注意が必要です。図4では「C:\eclipse」というフォルダに復元するように指定しています。復元先のフォルダ名が長いと,正しくファイルを復元できず,また,復元するソフトによっては,適切でないエラー・メッセージを表示したり,問題があるのにエラー・メッセージを出さなかったりすることがあります。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら