「クラウド・コンピューティングは雲をつかむような話」というのは、あまり面白くない冗談だが、クラウドの定義が広すぎて一体どこが新しいのか、分かりにくいことは間違いない。クラウド・コンピューティングの報道に全力を挙げる中田敦記者が、「新しい点は何もない」と懐疑的な谷島宣之編集委員を厳しく指導する。

N お久しぶりです。Yさんがオフィスに滅多にいらっしゃらないので、なかなか挨拶ができませんでした。

Y おー、そう言えば、日経コンピュータ編集部に異動になったんだ。だから珍しく背広を着ているのか。

N 珍しく、ではありません。いつでも企業取材に飛び出せるように毎日スーツを着ています。異動を機に何着か新調しました。それにしてもYさん、ほとんどお見かけしませんし、たまにお会いしてもスーツを着ていないし、どうしたのですか。

Y 最近はWebの仕事がほとんどだからねえ。取材もあまり行けないし。パソコンがあればどこにいても仕事ができる。日経コンピュータ編集部に来る前、N君もITpro編集部にいたから分かるでしょう。ところで、今は何を取材しているの。

N ITpro時代から追いかけているクラウド・コンピューティングですね、やっぱり。

Y またそれかあ。そういえば、クラウドを取材すると言って、アメリカで2カ月遊んできたんだっけ。冗談です。怒らないように。で、何か書いたの?

N …あのう、ITproに「マルチ・クラウドという選択肢」というコラムを書きましたし、いくつか関連記事を公開しました。それから日経コンピュータの特集『さらばビル・ゲイツ』にも関わりましたし、ITpro Magazineの特集『クラウド、台頭』も担当しました。さらにITpro Channelで話をしたり、ITpro EXPO 2008 Autumnの講演動画(前編後編)も公開しました。

クラウドの特徴、いずれも新味なし

Y 活躍しているねー。でもクラウドって、それほど書いたり、話したりする内容があるの?

N IT担当の編集委員とは思えない発言です。クラウド・コンピューティングこそ、パソコンの普及に次ぐ、大きなITトレンドで、世の中を変えると僕は確信しています。なぜ、クラウドにそんなに冷たいのですか。

Y 新しい話がまるでない。

N …

Y ちょっと言い過ぎか。新しい話がどこか見えない。どこが面白いの。

N コンピューティング・パワーが電力と同じようになり、ユーザー企業はそれを使うようになる、という大変化です。

Y ああ、ユーティリティ・モデルか。そんなの、僕が記者になった20年前から言われていたよ。

N コンピューティング・パワーを提供するインフラだけではありません。アプリケーションもネットワーク経由で借りられます。

Y それはASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)の話でしょう。

N ASPは死語です。SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)と言います。

Y 同じだよ。ASPで一回こけたから名前を変えただけ。SaaSはマルチテナント方式になったとか、屁理屈をこねる人がいるけれど本質はASPもSaaSも変わらない。

N 話をコンピューティング・パワーに戻しますと、ほぼ無限と言えるくらいの仮想化されたパワーやストレージがありまして、それを様々な用途に応じて使えるのです。これまでのように、一つのサーバーに一つのアプリケーション、といった固定されたシステム環境ではなくなります。

Y それはグリッド・コンピューティングの一種だな。そして、コンピューティング・パワーを提供するデータセンターは究極の自動化が図られている、というのでしょう。オートノミック・コンピューティングというものもあった。大体、仮想化が今、話題になること自体、不思議。

N メインフレームではとっくの昔にできていた、と言いたいのでしょう。確かにそうかもしれませんが、今はインターネット時代ですから。

Y 確かに20年前はWebも無かったし、不特定多数が簡単につながるネットワーク環境なんてとても考えられなかった。結局、クラウド・コンピューティングが新しいのではなくて、インターネットが新しい、というだけじゃないの。それはそうだと思うが、新しい名前を作って騒ぐ話ではない。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら