Part1のC言語に続いて,Javaの始め方を説明します。Javaは,Java言語でプログラムを記述し,それをハードウエアから独立した中間言語のバイナリ・ファイルにコンパイルして,Java仮想マシンで実行するという,新しい考え方のシステムです。オブジェクト指向言語の代表的な存在とも言えます。Java SE Development Kit(JDK)をダウンロードして手軽に始めてみませんか?

 Javaでプログラミングをしようと思ったら,まず使ってみるべきは「Java SE Development Kit(JDK)」です。Javaには基本となる「Java Platform, Standard Edition (Java SE)」のほか,企業システム向けの「Java Platform, Enterprise Edition(Java EE)」,小型機器向けの「Java Platform, Micro Edition(Java ME)」などがあり,Java SE向けの開発キットのことを,特別にJDKと呼んでいます。

 JDKは,http://java.sun.com/でLinux版,Solaris版,Windows版を,http://developer.apple.com/java/でMacintosh版をダウンロードできるようになっています。このPart2では,x86(32ビット)Windows用のJDKをダウンロードしてプログラムを書く方法を説明します。

 JDKには,統合開発環境(IDE)の「NetBeans」が組み合わされたパッケージもあります。しかし,伝統的にJDKのメイン・パッケージはIDEがないコマンド・ベースのものなので,Part2では,IDEなしのJDKを使います。プログラムを書くテキスト・エディタを別途用意して読み進めてください。

 テキスト・エディタについては,もちろん,Part1で紹介したサクラエディタでOKです。Java開発に適したIDEとしては,Part3で「Eclipse」を紹介します。

バージョンを意識してダウンロード

 JDKをダウンロードするところから始めましょう。日本語のダウンロード・サイトにWebブラウザでアクセスすると,図1(a)のような画面が現れます。記事を執筆した2008年9月下旬には,「JDK 6 Update 7」(1.6.0_07)が最新でしたが,Update 10のベータ版も公開されていました。これからJavaを始めようという人は,基本的には,正式版の最も新しいものを使えばよいでしょう。

 今回は,図1の手順で,JDK 6 Update 7のx86 Windows版をダウンロードします。バージョン番号がどれであるかは意識しておいてください。後ほど,パス*1の設定をする際に必要になります。

図1●日本語のJava SEダウンロード・ページから,JDKをダウンロードしよう
[画像のクリックで拡大表示]

 ダウンロードが完了したら,ダウンロードしたファイル(jdk-6u7-windows-i586-p.exe)を起動してください。「使用許諾契約」の画面で「同意する」ボタンを押し,「カスタムセットアップ」の画面では,インストール先のフォルダ名(標準設定ではC:\Program Files\java\jdk1.6.0_07)をメモして,「次へ」ボタンを押すとよいでしょう。「正常にインストールされました」という画面まで進めば成功です。

パスの設定と確認

 JDKを快適に使うためには,JDKに含まれるコマンドを簡単に呼び出せるように,パスの設定をしておくとよいでしょう。パスはオペレーティング・システムがプログラムを探す際の経路で,Windowsでは環境変数*2「Path」にその値が格納されています。

 今インストールしたJDKのコマンド群は,JDKをインストールしたフォルダの下にあるbinフォルダに入っています。その値を環境変数Pathに追加しましょう。Windowsのコントロールパネルで,「クラシック表示」→「システム」→「システムの詳細設定」と進んで図2左の画面を出し,「環境変数」ボタンを押して図2右の画面を出します。今回は,ユーザー環境変数に「Path」を追加し,その値として「C:\Program Files\java\jdk1.6.0_07\bin」を設定しました。ユーザー環境変数に追加した場合は,この設定はこのユーザーだけで有効になり,システム環境変数に追加した場合は,この設定はすべてのユーザーで有効になります。

図2●JDKのコマンドを呼び出しやすくするために,パスの設定をする。Windowsのコントロールパネルで,「クラシック表示」→「システム」→「システムの詳細設定」と進んで左の画面を出す
[画像のクリックで拡大表示]

 「OK」ボタンを押して図2の二つの画面を閉じ,コマンドプロンプトを起動してみましょう。図3のようにPATHコマンドを実行し,パスの最後に,今インストールしたJDKのbinフォルダが追加されていることを確かめます。パスの設定ができているようなら,

 java -version

と入力してEnterキーを押し,Java仮想マシン(java.exe,javaコマンド)のバージョンを確かめてみましょう。図3の下側のように表示されれば成功です。javaコマンドを呼び出せない場合は,パスの設定が正しいかどうかを確認してください。異なるバージョンのjavaコマンドを呼び出してしまった場合は,パスの中に,異なるバージョンを指している部分がないかを確認してください。パスは先頭から順に探していくため,異なるバージョンを指している部分が前にあれば,そちらを呼び出してしまいます。

図3●パスが設定できているかどうかをWindowsのPATHコマンドで確認し,パスの文字列が合っているようなら,javaコマンドの動作を確認する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら