2008年10月1日に,スカパーJSATの東経124・128度CS放送「スカパー!」におけるHDTV(ハイビジョン)サービス「スカパー!HD」の本放送が始まった。ソニー製の受信機「DST-HD1」が家電量販店で10月15日に発売されたのに続き,11月上旬にはスカパー!ブランドの受信機「SP-HR200H」のレンタルも始まった。これらの受信機を使って,実際にスカパー!HDの番組を視聴してみた。今回はその体験記を報告する。


 レンタル用受信機「SP-HR200H」はスカパーJSATの専用窓口に申し込むと,2週間程度で加入者の手元に届くという。ただし,今回は日経ニューメディア編集部を経由して,試聴用の受信機を借りた。韓国HUMAXが製造したもので,地上デジタル放送チューナーも内蔵している(CASカードも2枚付いている)。チャンネルの選局やEPG(電子番組表)の動きはスムーズである(使用した機器や評価条件は以下の通り)。

・ 評価用モニター:シャープ「AQUOS LC-46RX5」
・ ブルーレイディスク(BD)レコーダー:シャープ「BD-HDW22」
・ 受信アンテナ:ソニー「SAN40DK3」(受信確認時は降雨なし)
・ 受信地点:東京都中野区(アンテナはそれぞれの受信機に直結)


BSデジタル放送との画質差は予想よりも大きくない

写真1
スカパーブランドの受信機(テレビの右下にある白いボックス)は,多彩なタイプのアンテナに対応している。HDTVサービスの受信レベルは,東経128度の衛星を使った「パーフェクTV!」サービスに比べて「20」程度低く出た
[画像のクリックで拡大表示]

 HDTVの画質については,11月9日夜に「TBSチャンネルHD」で放送された「ウルフルズ」の今年のライブなどで確認した。受信機とデジタルテレビを「HDMI」端子で接続したところ,46インチのフル画面だと「H.264」特有のエンコードノイズが出るが,解像度が高いためBSデジタル放送の「ビーエス・アイ」(BS-i)で過去に放送された「ウルフルズ」のHD素材の番組との画質差は,予想したよりも大きくないように感じた(写真1)。

 ただし,照明が点滅するシーンやカメラがズームアップするときにブロックノイズなどが出るのは,やむを得ないであろう。32インチ程度のデジタルテレビであれば,十分に鑑賞に耐えられると思われる。試しに,東経110度CS放送「スカパー!e2」のSDTV(標準画質テレビ)画質のTBSチャンネルを選局したところ,画質は雲泥の差があった。圧縮比率が高いとはいえ,H.264の画質でもそのクォリティーは良いといえる。

 音質については,HDMI接続ではダイナミックレンジが広く,素材がよければポテンシャルは高い。ところがアナログ音声端子経由では,レンジが狭くなる印象だ。ブルーレイディスク(BD)レコーダーによるHDD録画をアナログ端子経由で試みたところ,画質よりも音質の劣化を感じた。

 一方,現状ではHDTVの番組を,HDTV画質のまま録画することはできない。今後スカパーJSATが実施するファームウエアの書き換えにより,レンタル用受信機はHDTV録画が可能になる予定である。なお,地上デジタル放送の受信機能については,デジタル放送の普及に貢献できるものであり,2台目の受信機を用いた寝室や子供部屋などでのパーソナル視聴には必須と考えられる。次に述べるソニー製受信機との差異化の有力なポイントである。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら