>>[Scene2:延命]から読む 

 キャリア・グレードNATは,インターネットをグローバル・アドレスの世界とプライベート・アドレスの世界に分割する。どんなに工夫しても,使い勝手の低下は避けられない。Scene2で見てきたようにアプリケーションによってはキャリア・グレードNATを越えられない(図3-1の問題点1)。またTCP/UDPポートを大量消費するアクセスもできなくなる(同問題点2)。

図3-1●キャリア・グレードNATで生まれる制限をIPv6で補う
キャリア・グレードNATを導入することで,利用できなくなるアプリケーションも存在する。そのようなアプリケーションを利用したいユーザーは,IPv6インターネットを併用することになる。
[画像のクリックで拡大表示]

根本的な対策はIPv6の導入

 IPv4インターネットにキャリア・グレードNATを導入するのは,あくまで延命策の位置付けだ。しかも,IPv4アドレスの残りが少なくなるほど,キャリア・グレードNATによるIPv4アドレスの延命は困難さを増していく。最初はプロバイダ内の使いまわしだけで済みそうだが,さらにIPv4アドレスの有効活用を進めようとすると,プロバイダ間で限られた数のIPv4アドレスを融通しあう必要が生じるからだ。

 そこで,キャリア・グレードNATによるIPv4インターネットの延命と並行して根本的な対策が必要となる。それが次世代IPである「IPv6」の導入だ(同解決策)。

 IPv6はインターネット用ネットワーク・プロトコルの新バージョン。IPv4とはまったく別のプロトコルだ。アドレス空間をIPv4の32ビットから128ビットに拡張しているため,在庫を心配せずにパソコン1台ずつにIPアドレスを割り振れる。キャリア・グレードNATどころか,ユーザーのNATも不要になる。

サービス低下を補う形で普及

 IPv6インターネット導入のシナリオはこうだ。まず,キャリア・グレードNATによるサービス・レベルの低下に不満を持つユーザーは,IPv6インターネットを導入することになる。キャリア・グレードNATを越えられないP2P通信や,ポート数を大量に消費するアプリケーションについては,IPv6インターネットを利用するわけだ。つまり。キャリア・グレードNATによるサービス低下を補う形で導入が始まる。

 こうしてIPv6インターネットの導入が進むとともに,インターネット上の通信は徐々にIPv4からIPv6に移行していく。

ユーザー側はルーターの変更程度

 このようなシナリオが実現するには,IPv6インターネットが導入しやすく,IPv4インターネットとの使い分けが無理なくできることが必要だ。実は,IPv6インターネットを導入するハードルは高くない。

 例えばWindows Vista/Server 2008やMac OS Xといった最新バージョンのパソコンOSは,デフォルトでIPv6とIPv4を併用できる(図3-2の1)。LANにIPv6ルーターがある場合,必要なネットワーク設定は自動で済むので,手作業による設定は必要ない。

図3-2●IPv4とIPv6の共存は難しくない
別のネットワーク・プロトコルとして扱えるので,同一の物理ネットワーク上に共存させることができる。
[画像のクリックで拡大表示]

 また,同一LAN上でIPv4とIPv6を併用するのも問題ない(同2)。ルーターやサーバーはIPv6対応が進んでいる。LANスイッチは,ネットワーク・プロトコルを意識しないので,併用にそもそも問題はない。

 IPv6インターネット・サービスは,IPv4インターネット接続サービスと同一のアクセス回線で利用できる(同3)。専用線接続であれば同一回線上のやりとりでIPv6パケットとIPv4パケットを混在させる「デュアル・スタック接続」で利用できる。Bフレッツやフレッツ・ADSL経由の接続であれば,IPv6パケットをIPv4パケットでカプセル化してやりとりする「トンネル接続」で利用することになる

 ユーザー側ではインターネット接続用ルーターやファイアウォールをIPv6に対応したものにする必要はある。しかい,そのほかに変更するところはほとんどない。こうして,IPv6インターネットを使えるようになれば,キャリア・グレードNATを越えられなかったP2P通信もできるようになる(同4)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら