Windows Me/XPには,Windows 2000/Windows Server 2003などにはない,「システムの復元」という機能がある。これまで紹介してきた「前回正常起動時の構成」や「修復セットアップ」,そして「自動システム回復」とは異なり,背後で自動的に必要なシステム・ファイルを監視し,変更が加えられたときにバックアップを取っている。これにより,アプリケーションのプログラムから,ユーザー・アカウントまで復元できる。しかし,ユーザーが作成したドキュメント・ファイルなどは復元の対象外になっている。

 Windowsの障害復旧機能の中で,自動化されたものとしては,Windows NT/2000/XPの「前回正常起動時の構成」,Windows 2000の「修復セットアップ」,Windows XP/Windows Server 2003の「自動システム回復」――という3つの機能があった。このうち,「前回正常起動時の構成」はコントロール・セットというレジストリの一部だけをバックアップし,「自動システム回復」はOSパーティションをまるごとバックアップするという,いずれも両極端な機能だった。

 今回紹介する「システムの復元」は,「前回正常起動時の構成」と「自動システム回復」の中間的な位置付けと言えばいいだろうか。「システムの復元」は必要なシステム・ファイルをある程度絞り込みデータ容量を抑えながら,自動的に適宜バックアップを行うというもの。従って,「前回正常起動時の構成」よりも保護できる領域が広く,「自動システム回復」よりもバックアップやリストアが効率的なので,障害回復の「切り札」的な存在である。

 「システムの復元」の元祖はWindows Meに搭載されたものであるが,Windows XPでは大幅にその機能が拡張されている。今回は,「システムの復元」がどのような仕組みでシステムを復元しているのか,何がどこまで復元されるのか,詳しく解説しよう。

アプリケーションも含めて元に戻せる

 ここで誤解を恐れずに言えば,システムの復元は,「起動時のトラブルを修復する機能ではない」と言うことである。なぜなら,システムの復元はWindowsが立ち上がってから動作するものだからだ。

 最低でも,セーフ・モードが起動する状態までシステムを修復できなければ「システムの復元」は利用できない。この話を聞くと「それでは本末転倒ではないか」と思われるかもしれないが,これにはウラがある。

 確かに「システムの復元」は,起動時の障害は復旧できない。とにかく回復コンソールを起動するなどにより,どんな状態でも構わないので,Windowsシステムが起動するところまで修復する。そうすれば,あとは「システムの復元」を利用して,起動時の障害も含めてシステムそのものを「任意の日付」まで戻せる。

 この時,復元される内容は,アプリケーションまで含まれる。そのため,アプリケーションのインストール以前の状態に戻せば,当然そのアプリケーションは実体ファイルもレジストリからも削除され,使えなくなる(ただし,空っぽのフォルダだけは残る)。これが「システムの復元」の最大の利点である。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら