IT業界“3K”説は迷信だった――。ITに携わるビジネスパーソン(ITパーソン)の多くは、少々の苦労や悩みはあるにせよ「ITの仕事に携わって良かった!」と思っている。ITに携わらない人(nonITパーソン)に比べても、ITパーソンは恵まれた環境で働いているようだ。

 以下では、20代から50代のビジネスパーソン3392人の調査結果を基に、「ITの仕事」の実態を世代別や業種別に解き明かす。

8割を超える人が「現在の仕事に携わって良かった」と思っている

 8割を超えるビジネスパーソンが、「現在の仕事に携わって良かった」と思っている。「強く思う」「やや思う」の回答は、それぞれITパーソン(外円)がnonITパーソン(内円)を上回った。

 ITの仕事はネガティブな側面が話題になることが多い。だが、実態は違った。ITパーソンの世代別で見ても差異はなく、「良かった」と思う割合はどの世代でも8割を超えた。

図1●現在の仕事に携わって「良かった」と思うか
図1●現在の仕事に携わって「良かった」と思うか
図2●現在の仕事に携わって「良かった」と思うか(世代別)
図2●現在の仕事に携わって「良かった」と思うか(世代別)

「良かった」と思う理由は仕事への興味とスキルアップ

図3●なぜ現在の仕事に携わって「良かった」と思うか(複数回答)
[画像のクリックで拡大表示]

 現在の仕事に携わって「良かった」と思う理由は、ITとnonITで大きな差が表れた。両者とも1位は「興味・関心がある」、2位は「スキルを高められる」であるが、それぞれの回答率はITパーソンがnonITパーソンを10ポイント近く上回った。

 ITパーソンは、現在の仕事が「自分のためになる」ことを強く実感しているといえる。一方、「職場の人間関係」や「待遇」「社会への貢献」では、ITパーソンの回答率がnonITパーソンを下回った。

IT業界は他業界より「良い」業界だ

図4●現在勤めている業界は他業界と比べて「良い」か「悪い」か
[画像のクリックで拡大表示]

 IT業界に勤めるビジネスパーソンにとって、隣の芝生は青く「見えない」ようだ。

 現在勤めている業界が「他業界より良い」と回答した割合は、IT業界従事者(平均34.4%)が非IT業界従事者の平均を約5ポイント上回った。

 「他業界より悪い」と感じる割合では、IT業界従事者の18.6%であるのに対し、非IT業界は平均28.9%に達した。建設・不動産業では半数が「他業界より悪い」と答えた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら