NTTデータビジネスコンサルティング
酒井幸良,照井栄介

 前回に続いて,CRMを成功させるために必要な5つの能力について解説する。今回は,上手に売る“場”を作る「顧客対応パフォーマンス」,人の意識を合わせる「人材活用力」,そして関係会社や業者と力を合わせる「企業連携力」を取り上げる。50のチェックポイントを通して,自社のCRM実施能力を確かめてもらいたい。

 前回に引き続き,CRM(Customer Relationship Management)に不可欠な「5つの能力」について解説する(図1)。今回は,上手に売る“場”を作る「顧客対応パフォーマンス」,人の意識を合わせる「人材活用力」,そして関係会社や業者と力を合わせる「企業連携力」を取り上げる。

図1●CRMの成功に必要な5つの能力
図1●CRMの成功に必要な5つの能力

 人材活用力や企業連携力という言葉に「顧客」の文字は含まれていないが,実は非常に重要な能力である。かつてのCRMが失敗に陥った原因の一端は,第2回『かつて,CRMはなぜ失敗したのか』で紹介したように,人材活用力や企業連携力が欠けていたためだった。CRMは,最終的に「人間の意識を変える取り組み」でもある点を忘れてはならない。

 併せて,それぞれの能力をブレークダウンしたチェックポイントのリストも示す。各チェックポイントには3段階の評価基準があるが,ここでは割愛する。図2の評価基準の例を参考にしてもらいたい。レベル1は取り組みが不足しているレベル。レベル2は標準的なレベル。レベル3は高度で充実した取り組みができているレベル,を示している。自社の目標レベルや課題を検討する際には,自社の現状のレベルと,ベンチマークとなる他社のレベルと比較することが有効である(図3)。

図2●チェックポイントの評価基準例
図2●チェックポイントの評価基準例

図2●チェックポイントの評価基準例
[画像のクリックで拡大表示]

-->

図3●5つの能力の診断結果を他社のベンチマークと比較した例
図3●5つの能力の診断結果を他社のベンチマークと比較した例

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら