フリー・エンジニア
高橋隆雄 フリー・エンジニア
高橋隆雄

 先ごろ,米ディジウムから「Skype For Asterisk」の提供に関する発表があった(関連記事)。SkypeとAsteriskとの相互接続が可能になる模様である。今回はこのSkype For Asteriskについて解説する。

 SkypeとAsteriskの接続という点では,本連載の29回でも紹介したように,これまでもつなぐことは可能だった。ただし,いわゆるB2BUA(Back to Back User Agent)方式であって,Asteriskが直接Skypeのプロトコルを使用するわけではない。

 では今回リリースされたSkype For Asteriskは何が違うのだろうか?図1はAsteriskの内部構造である。ここで図左側の「チャネル」の部分に注目していただきたい。Asteriskは各プロトコル,例えばSIP(session initiation protocol)ならSIPの,H.323ならH.323のプロトコルに対して「チャネル・ドライバ」と呼ばれるモジュールを持っている。通常これらは独立したモジュールで,それぞれが単一のプロトコルを処理するようになっている。

図1●Asteriskの内部構造
図1●Asteriskの内部構造
各プロトコルに対して,「チャネル・ドライバ」と呼ばれるモジュールを持っている。

 今回,ディジウムが発表したSkype For Asteriskは,報道発表によれば,このチャネル・ドライバとして実装されることになっている。すなわち,SIPやH.323などのプロトコルと同様にSkypeプロトコルを直接,Asteriskが扱えるようになる意味だと解釈できる。

Skypeはサポートしないはずなのでは?

 AsteriskはSkypeを直接サポートはしない,というのは以前から筆者も言ってきたことだが,これは基本的にいまだに正しい。AsteriskがSkypeをサポートしない理由は簡単で,Asteriskはオープンソースだが,Skypeはオープンソースではないということ。そもそも独自プロトコルを採用し,独自のサービスとして機能しているSkypeがオープンソースになることは,おそらくあり得ない。なのになぜ今回,AsteriskがSkypeをサポートすることになったのだろうか?その理由はニュース・リリースを細かく読んでいくと理解できる。

 AsteriskがSkypeを“サポートする”条件は,実は以前から提示されていた。それは「スカイプからの歩み寄り」があればというものだ。これはディジウムにしてみれば当然で,ビジネス・パートナーとして組むことに魅力があるか否かということである。eBay傘下となったスカイプにとって,ビジネスとして利益を出すことは,従来のサービス形態では恐らく困難であったと思われる。そこでAsteriskとの相互接続も視野に入れ始めたのではないだろうか。ディジウム側にしてみれば“NAT抜けが容易で既存ユーザーの多いソフトフォン”として,Skypeは魅力的だったのだろう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら