クラウド・コンピューティングは,長らく続いた「ハードウエア/ソフトウエア販売」「システム・インテグレーション」というIT業界の構造を変え始めている。これまで業界の盟主であった米IBMやMicrosoftも,クラウド・コンピューティングへの対応を急ぐ。

 売り上げに占めるオンライン・サービスの割合が,5%にしか過ぎないMicrosoft。そのCEOであるSteve Ballmer氏は,2007年11月に日本で「10年後,自社が管理するサーバーでデータを保持したり,トランザクションを実行したりする企業は無くなるだろう」とまで断言した。既に,主力製品の一つである「Exchange Server」のSaaS展開を始めたほか,2009年前半にはストレージ/データベース・サービス「SQL Server Data Services」を開始する予定だ。

 Bill Gates会長も2008年5月に開催した「TechEd」で,「Microsoftが数百万台のサーバーを運用するようになる」と語り,同社が巨大なデータセンターを構えて,ソフトウエアをサービスとして提供すると強調する(IBMの動きに関しては囲み記事を参照)。

 業界の盟主がこれほどまでに焦るのは,彼らが作り,育ててきたコンピュータ業界の「エコシステム」が,AmazonやGoogleが生み出したクラウド・コンピューティングによって置き換えられようとしているからだ。

 エコシステムとは例えば,OSというプラットフォームに関連して,そのOSで稼働するアプリケーションやデータベースといったサードパーティ製品があり,それらを組み合わせて販売するシステム・インテグレータが存在することを指す。

 これまで,「メインフレーム」「クライアント/サーバー(C/S)」「Webシステム」と変遷してきた企業向け(エンタープライズ)システムはいずれも,IBMやMicrosoftといった単独のベンダーだけでなく,強固なエコシステムによって支えられてきた。プラットフォームの価値は,エコシステムの価値に左右されてきたのだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら