chumby(チャンビー)は,米国カリフォルニア州のサンディエゴに本社を置くChumby Industries社が開発,販売している小型の情報端末です(写真1)。

写真1●Google Mapsを操作しているところ
[画像のクリックで拡大表示]

 ベッドサイドに置く目覚まし時計を意識した外観のchumbyは,プログラミング言語の「Flash Lite3」で開発された「ウィジェット」と呼ぶプログラムを本体に組み込むことで,ニュースや天気予報の閲覧,テレビやラジオの視聴,デジカメで撮影したお気に入りの画像をスライドショーで表示,メールの送受信やYouTubeの動画を再生など,さまざまな処理を行うことができます。

 chumbyの開発コンセプトは21世紀の目覚まし時計です。まさに「目覚まし時計 2.0」と言えるでしょう。

本体がフワフワで柔らかい

 chumbyは,世間一般の情報端末と異なる特徴をいくつも備えています。まず目を引くのが,そのキュートな外観です。ソフトボール・サイズの本体は,レザー素材に包まれ,触れるとフワフワしています(写真2)。タッチ・パネル機能付きの3.5インチ液晶モニターを備え,各種操作はモニターに触れて行います。本体の傾きや動きを検知するモーション・センサーや無線LANクライアント機能を内蔵しています(表1)。

写真2●握るとフワフワしている
[画像のクリックで拡大表示]
表1●chumbyの主な仕様
CPU ARMプロセッサ(350MHz)
メモリー 64Mバイト
2次記憶装置 64Mバイトのフラッシュ・メモリー
ディスプレイ 3.5型液晶(タッチ・パネル機能付き)
ネットワーク機能 無線LAN(IEEE 802.11b/g)対応
本体の素材 レザー
電源 AC100-240V,乾電池(9V)
その他 モーション・センサー(本体を傾けると反応),
スクイーズ・センサー(本体を握ると反応)
USB2.0コネクタ×2
ステレオ・スピーカー(2W),ヘッドホン端子
外形寸法
(幅×高さ×奥行)
139.7×108.0×82.5mm

 chumbyを利用するには,インターネットの接続環境が必要です。本体にはLANポートがないため,インターネットに接続済みの無線LANアクセス・ポイントがあることが前提となります。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら